top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

フェスってどんな感じ? さいたま史上最大級のロックフェス「VIVA LA ROCK 2024」に行ってみた

ガジェット通信

好きなアーティストの生歌を堪能できる!

埼玉最大級の都市型フェス「VIVA LA ROCK 2024」。11回目となる「VIVA LA ROCK 2024」が、2024年5月3日・4日・5日・6日の4日間開催されました。

筆者は5月5日回に参戦。フェスの様子をご紹介します。

さいたま最大級のロックフェス「VIVA LA ROCK 2024」に行ってみた

場所は埼玉スーパーアリーナ。埼玉新都心駅から降りて3分。フェスに行くであろう同志達とゾロゾロ……。

会場前は「VIVA LA GARDEN」という入場無料の飲食フェス会場になっており、「VIVA LA ROCK 2024」は屋内型フェスながらもアウトドア気分も楽しめます。

広告の後にも続きます

筆者は、富士宮やきそばを購入。蓋つきで持ち運びしやすいのが嬉しい。

なお、アリーナ・スタンディングエリアは、ドリンク飲み持ち込みOK。スタンド席へは、飲食物持ち込み可能なので、食事しながら音楽を聴くのも良さそうでした。

事前の予習にて、公式アプリのタイムテーブルで自分が見たいステージポチポチ。どのアーティストさんのステージを回ろうとワクワク気分が高まります。

筆者は、中3の子供のオススメ「PEAOPLE 1」「キタニタツヤ」ポチッ。アプリで当日、会場での混雑状況などもわかるようになっています。

どのステージも大盛り上がり。アーティストさんの生歌、音響も、もちろん最高!

帰宅も駅近、都心からも意外とすぐだったので、クタクタになるまで、はしゃいで楽しめるフェスでした。

おまけ

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル