top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

BE:FIRST LEO、ソロでも引く手あまたな理由は? グループとは異なる魅力を各所で発揮

Real Sound

BE:FIRST公式X(@BEFIRSTofficial)より

 昨今、BE:FIRSTのLEOがソロで活躍している姿を見る機会が多くなっていると感じている人もいるのではないだろうか。LEOといえばBE:FIRSTにおいては爽やかな歌声と、ダイナミックでありつつも繊細さも感じられるダンスで華を添えている存在だ。と同時に、笑顔でポジティブなオーラを感じさせる人柄でも注目されており、頼れる兄貴分的ポジションでもある。グループでのトークにおいてはMCなど進行役を務めることも少なくない。そんなLEOがソロでも活躍している理由を改めて考えてみたい。

(関連:Travis Japan 宮近海斗、BE:FIRST LEO、M!LK 佐野勇斗が『ラヴィット!』集結 「火曜日マジで大好き」

 まずは、5月20日にBE:FIRST公式YouTubeチャンネルにアップされた動画「LEO念願のオーダーグラブ & BMSG野球部発足!w/ EIKI(MAZZEL) & RUI, KANON [BTO #10 “Dig deeper into LEO”]」を例に取ってみよう。同動画を見ると、LEOは何事にも全力で一生懸命であることが伝わってくる。オーダーメイドでグラブを作ることになったLEOは、デザインを決める際にも真剣に悩んでいた。カタログを食い入るように見たり、スタッフの話に熱心に耳を傾けたり。全力で取り組んでいることがわかるはずだ。

 さらに、いつも楽しそうなところもいい。ベースを選んでいる時も一つひとつ手に取ってシャドーをしながら「あなたか?」、「私?」と楽しげな様子でグラブに話しかけている。さらにデザイン選びの途中でも、カメラに向かって「俺、初めてですからね。Mizuno Pro買うの。Mizuno Proって結構夢なのね。わかってる!? この熱量!」、「地元のみんな見てる? 俺、Mizuno Pro買うよ!」とテンション高く、笑顔で語りかけているシーンがあった。その少年のようなキラキラした笑顔からは、嘘偽りなく状況を楽しんでいることが伝わってくる。

 その楽しそうな表情は、朝番組の『ラヴィット!』(TBS系)でも健在だ。5月21日に出演した際、オープニング時、MCの麒麟・川島明から紹介されると、ニコニコした笑顔で「(隣に座っていた若槻千夏が)始まる前に声をかけてくれて。みんな優しいです」と応えてスタジオを和ませていた。

広告の後にも続きます

 そして同番組内では、LEOの素直さ、飾らなさもプラスに働いていたのではないだろうか。エンディングトークで話を振られたLEOは、「火曜日(に出演するのは)初だったんですけど、皆さん優しくて。火曜日がまじで大好きになりました」とにっこり。川島も思わず「ええ奴やな、ほんま!」と返していたほどであった。

 こうして、存分に人柄の良さと愛され力を発揮しているLEO。BE:FIRSTではどちらかというとしっかり者で、メンバーを引っ張っていくイメージがあるため、可愛がられたり、無邪気にはしゃいでいる姿が見られるのもファンにとっては嬉しい瞬間だろう。そして、周りにイジられてより輝く彼の人柄の良さと愛され力が、様々な場面で発揮されている理由なのではないだろうか。5月25日には、Da-iCE・工藤大輝がパーソナリティを務める『TALK ABOUT』(TBSラジオ)に出演するLEO。工藤とどんなトークを繰り広げるのか、楽しみだ。そして、この先もLEOが幅広い場面で活躍している姿を見守り続けたい。

(文=高橋梓)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル