top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【INTERVIEW&REPORT】20時間ぶっ通しの重音レイヴパーティ<GROW THE CULTURE OPEN AIR 2024>

Qetic

遡ること約2ヶ月。2024年3月30日から31日にかけての2日間、東京・おおばキャンプ村にて重低音にフォーカスしたオープンエアパーティ<GROW THE CULTURE OPEN AIR 2024>が開催された。

コロナ禍以降、多くの野外パーティが開催されるようになった。しかし、GROW THE CULTURE(以下GTC)ほどサブベースを鳴らすことに特化したレイヴは、日本でも珍しい。

しかも、GTCは昼の13:00スタート〜終了は翌日の朝9:00。合計20時間、文字通りノンストップでサウンドシステムが鳴り続けていた。

GTCを企画するのは、国内のUKサウンドシーンで活躍する20〜30代前半のDJたちだ。なぜ今、重低音に一極集中したオープンエアパーティを企画するのだろうか。また、なぜ「20時間ぶっ通し」というストイックなアプローチを選んだのか。

今回、主催者や出演者、関係者へインタビューを実施。開催経緯から運営の裏側、そして第三者から見た「新たなレイヴを開催することの意義」について、話を伺った。

「オープンエアが今の閉塞感を解消する」という期待

広告の後にも続きます

開催から約2ヶ月が経過した現在もなお、おおばで見た景色の美しさと体に受けた振動を鮮明に覚えている。

午後1:00。おおばキャンプ村のステージには、スーパーカーのボディを彷彿とさせるようなサウンドシステムが、フロアに銃口を向けるかのごとく聳(そび)え立っていた。

前日まで降っていた大雨が嘘のような快晴。天候に恵まれ、桜も咲き始めた爽やかな昼下がりに、20時間ものロングジャーニーが幕を開ける。

国内外で活躍する総勢17組ものアーティストが一堂に会した「低音好きの、低音好きによる、低音好きのための」祭典。2022年11月に初開催して以降、1年半ぶりの開催となった。

「当初から継続的にオープンエアを開催するつもりだった」と語るのは、主催メンバーの1人であり、DJとして国内を拠点に活躍するHisaki(Midnight Runner)だ。2021年、彼はtorrent shinoda、maidableとともにオープンエアパーティ開催の準備を始める。

2021年頃によく考えていたのは、イギリスでクリミナル・ジャスティス法(※1)が施行された直後、1994年のムーブメントのことでした。 当時は法律の施行と共に野外レイヴが規制され、商業化、縮小を迫られていて。同時に、それに反発したアンダーグラウンドなイベントも徐々に出てきたタイミングでもありました。 自分の感情はどちらかというと、後者の活動をしていた人たちに近かったです。というのも、2021年はコロナ禍で社会全体が閉塞的でした。20数年越しに、当時のイギリスの動きと日本の風景が重なったように感じていました。 80年代に起きたセカンド・サマー・オブ・ラブならぬ“サード・サマー・オブ・ラブ”が到来する確信が生まれたんです。クラブの外で面白いことに挑戦したいと思い、野外レイヴの開催に至りました。

Hisaki

  • 1
  • 2