top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

Aぇ! group 佐野晶哉、平泉成の愛情に感謝 「愛していただいて本当に幸せ」

Real Sound

(左から)秋山純監督、市毛良枝、平泉成、佐野晶哉(Aぇ! group)、佐藤浩市

 6月7日に公開される映画『明日を綴る写真館』の完成披露試写会が5月23日に都内で開催され、平泉成、佐野晶哉(Aぇ! group)、佐藤浩市、市毛良枝、秋山純監督が登壇した。

参考:佐野晶哉がボーダーコリー“吾郎さん”と大はしゃぎ 『明日を綴る写真館』オフショット公開

 本作は、あるた梨沙による同名漫画を実写映画化した人間ドラマ。年齢も考え方も全く違う“自分に素直になれない”という共通点を持つ2人が、人々の抱える“想い残し”のために奔走し、自分自身と向き合い、互いに影響し合いながら成長し、やがて思いもよらない奇跡を起こしていく。

 さびれた写真館を営むカメラマン・鮫島を演じた平泉にとって、本作が映画初主演作。満員の客席を前に「さびれた写真館の亭主がこんなに派手な洋服を着てきました!」と笑わせつつ、「もう感無量です。昔から継続は力なりと言いますが、俳優を60年やって、(今年で)80歳で初めて主役をやらせていただきました。しかもこんなに素敵な映画で、今日は夢のようです」と挨拶。

 鮫島の写真に心を奪われ、華々しいキャリアを捨てて弟子入りする太一役の佐野は、「僕は勝手に成さんの孫だと思っています!」と宣言し、「成さんとは現場から仲良くさせてもらって、成さんの庭のバラ園の写真やお孫さんとの旅行の写真を見せてくださったり、成さんの初主演映画ということで集まった俳優陣の面々も本当に豪華です。愛に溢れた現場だからこそ素敵な温かい作品になりました。成さん、本当におめでとうございます」と座長を祝福。平泉が「今日もLINEのやり取りをしました」と明かすと、佐野は嬉しそうに「メル友です!」と報告した。

広告の後にも続きます

 人生の“想い残し”を抱えて鮫島写真館を訪れる牧役の佐藤。今回の出演のきっかけは酒の席だったそうで、「我々の若い頃は飲み屋で仕事が決まることがあった。今回もグラスを傾ける中で秋山監督から話を聞いて『俺も行くよ!』で決まりました。現場では成さんが嬉しそうな顔をして迎えてくれて、来て良かったなと思った」と振り返った。

 鮫島の妻で、実は一人で抱えている“想い残し”がある桜役の市毛は「成さんがカメラを覗くときの顔が色っぽくてカッコよくて、その背中を若者たちが見つめる目がキラキラしていて、どちらもカッコよかった」と惚れ惚れ。

 また仕事の都合で登壇が叶わなかった出演者の黒木瞳(太一の母・冴絵役)からは「魅力あふれる監督のもとで、平泉成さんの初主演映画をお撮りになるということで、是非参加させていただきたいと申し上げました。写真家としてのバトンを若者に渡していく作品、写真は被写体ではなく撮る人の心が見えるというテーマに私は心が震えました」とコメントが寄せられた。

 平泉とは監督デビュー作からの仲という秋山監督は「成さんから主役をやらないというポリシーがあることを聞いたときに、いつか自分がそんな成さんの主演作を作りたいと思った。そして今回、成さんから『お前が言うならばやるよ』と二つ返事を貰えてとても光栄です」と感慨深い様子。

 そんな初主演の平泉は、“期待の次世代俳優”である佐野の魅力を聞かれると、「その前にCDデビューおめでとう」とAぇ! groupのデビューを祝福し、佐野は「ありがとうございます! 5月15日にCDデビューさせていただきました」と笑顔で返答。すると歌手としても活動する佐藤は「やっとCDデビューなの? はあ、俺より遅いんだ」とイジり、佐野も嬉しそうに「浩市さんよりだいぶ後輩です!」と返した。

 改めて平泉は佐野について「豊かな感性がある。自然に立っていられる。それは素直で柔らかいということで、俳優として一番大切なことです。芝居をやりながら横顔を見ていると結構かわいい顔をしている」と評し「藤沢周平の小説で彼に時代劇をやってもらったら見てみたいと思う」と提案。これに佐野は「おお! 挑戦してみたいです!」と乗り気で「成さんは取材の場で僕の話をしだすと、それで時間が終わるくらい喋ってくれる。愛していただいて本当に幸せです」と平泉からの寵愛に感激していた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル