top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

西武、『ライオンズフェスティバルズ』の期間限定ユニ「ハントブルーユニフォーム」を発表!

ベースボールキング

西武、『ライオンズフェスティバルズ』の期間限定ユニ「ハントブルーユニフォーム」を発表!(C)ベースボールキング

◆ 所沢市出身クリエイティブディレクター相澤陽介さんデザイン

 西武は24日、8月2日(金)~9月1日(日)の期間中に開催する夏の大型シリーズ企画「ライオンズフェスティバルズ2024」で、監督・コーチ・選手が着用する限定ユニフォーム「ハントブルーユニフォーム」を発表した。

 ハントブルーユニフォームのコンセプトは、「獅子たちが、夏の月夜に敵を狩る。」ライオンは夜行性の動物と言われており、月夜に狩りをする獅子の雄姿と選手たちを照らし合わせてユニフォームに表現。夏の月夜を表現したネイビーに、前面にはライオンが勇ましく吠えている様子をデザインしている。

 デザインは、地元所沢市出身でクリエイティブディレクターの相澤陽介さんが手がけており、相澤さんはこれまでも、2012年のロンドン五輪の日本選手団のウォームアップスーツのほか、数々のブランドやスポーツチームのユニフォームなどのデザインを手がけている。

 ハントブルーユニフォームは、一軍公式戦はホーム15試合、ビジター12試合の計27試合で、ファーム公式戦はホーム10試合、ビジター14試合の計24試合で着用。また、24日からライオンズストアオンラインにて、レプリカユニフォームや選手が着用するものと同素材のオーセンティックアイテムの事前予約、受注販売を開始。8月4日(日)と8月25日(日)の楽天戦では、一部の座席を除く来場された方全員に「ハントブルーユニフォーム(非売品)」が配布される。


▼ 古賀悠斗選手 コメント
「着用してかっこいいなと思ったのが率直な感想です。白のズボンに太目のストライプが入っているデザインはあまり見ないので気に入っています。ライオンズフェスティバルズの限定ユニフォームに合わせて、キャッチャー防具のカラーを合わせたりもしているので、普段とは違った雰囲気を味わえるのが楽しみです。」

▼ 佐藤龍世選手 コメント
「上下ストライプのユニフォームはあまり着ないので、新鮮でとてもかっこよくてお気に入りです。普段とは違うユニフォームを着ることで、気持ちの乗り方もまた変わってくるので、夏に強いライオンズをファンの皆さまにお見せしたいなと思います。ファンの皆さまにもこのユニフォームを着ていただいて、スタンドをネイビーに染めていただければと思います」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル