top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

キム・ジェジュン、イム・シワンと10年来の縁…親友たちの忠清道方言対決=「コンビニレストラン」

ワウコリア

キム・ジェジュンが、親しいイム・シワンとチュンチョンド(忠清道)方言対決を繰り広げる。

きょう(24日)韓国で放送されるKBS 2TVの「新商品発売~コンビニレストラン」では、キム・ジェジュンと10年来の友達イム・シワンとの特別な縁が公開される。 この過程で2人だけの大切な思い出はもちろん、忠清道の方言で意気投合(?)する姿まで公開されて、金曜日の夕方のお茶の間に大きな笑いをプレゼントする予定だ。

広告の後にも続きます

この日公開されるVCRの中のキム・ジェジュンは、海外スケジュールをこなした後2週ぶりに韓国に帰国、家で甘い休息をとった。 だが、キム・ジェジュンの休息は休むことではなかった。 キム・ジェジュンは、スーツケースの整理から始めて、2週間食べたかった韓国料理を作るのに忙しく一日を送った。 幼い頃からお母さんが食堂をして、見よう見まねで学んだという料理能力者キム・ジェジュンの料理実力が見る人を感嘆させた。

そんなふうにトントンと料理を終えたキム・ジェジュンは、大きな蛇が描かれた食卓に座ってひとりでご飯を食べ始めた。 幸せそうに料理を食べたキム・ジェジュンは、すぐため息をゆっくりついて「どうか誰でもいいから僕とご飯ちょっと食べて!」と、叫んで笑いを与えた。 そして、スマホをざっと見たキム・ジェジュンは、誰かに電話をかけた。 親しく電話を受けた相手はイム・シワンだった。 2人は2014年ドラマ「トライアングル」で共演した後、友情を受け継いできたという。

キム・ジェジュンとイム・シワンは、誰が先にということなく自然に忠清道の方言で通話を継続した。 キム・ジェジュンは、チュンチョンナムド(忠清南道)コンジュ(公州)出身。 イム・シワンは最近大きな愛を受けたドラマ「少年時代」で、忠清道の方言を完ぺきにあやつって話題を集めた。 2人の突然な忠清道方言対決が爆笑を誘発した中で、キム・ジェジュンが同じ忠清道でも故郷公州のなまりはちょっと違うと、故郷に対する自負心を表わして、再び「コンビニレストラン」のスタジオを笑いでいっぱいにした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル