top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「おまかせグリル」でおいしい、いつものご飯 / パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロに新製品が登場

ガジェット通信

2006年のオーブンレンジ初登場以来、ホームベーカリーや炊飯器など、これまで5つのラインアップをリリースし、累計出荷台数354万台を誇るパナソニックのビストロシリーズ。「白物」と呼ばれた家電の概念を打ち破るシックなデザインに、おいしさを追求したテクノロジーは日常の家事負担を軽減するとともにキッチンをスタイリッシュにしてくれた。

そんなビストロシリーズに来月6月上旬、新たにスチームオーブンレンジが加わる。いつものご飯作りにさらなる強い味方の登場だ。

新機能「おまかせグリル」で、冷凍・冷蔵・常温も一緒に調理

まずは、毎日のご飯作りで大活躍する「おまかせグリル」機能。その調理手順を追ってみると……。

1. ヒートグリル皿に冷凍のシャケやブロッコリー、簡単に切った野菜を並べる。
2. アプリを立ち上げスマホでスキャン。スキャン画面をスチームオーブンレンジに送信。
3. 加熱時間が「17分」と表示される。
4. グリル皿を庫内に入れてピッ! 調理開始。あとは待つだけ!

食材を裏返す必要もなし。ほとんど手間のかからない、まさに、おまかせ。

広告の後にも続きます

何より嬉しいのは、冷凍、冷蔵、常温といった状態の異なる食材も一度に調理できるところ。解凍したり別々に調理したりしなくていい。食材をひっくり返さずとも両面がしっかり焼ける秘密は、高火力の両面グリルのおかげ。上からの大火力ヒーターと下からのマイクロ波をヒートグリル皿が吸収し、高温になり食材の隅々までしっかり熱がいきわたるようになっている。

そして、加熱時間もおまかせ。アプリを使用したスマホでのスキャンの際には食材の量を1%単位で自動的に最適な加熱時間を算出してくれる。

さて……約17分後。ふっくら焼けたシャケにジューシーな野菜がほんわか湯気をたちのぼらせてコンニチハ。あとは冷凍しておいたご飯をお急ぎあたため「スピード機能」でチンすればあっという間に今晩の夕食の出来上がり。

食材の状態によってスチーム機能を追加することもでき、タレに漬け込んだ肉類などもOK。明日はハンバーグ? あの野菜と合わせて? 自由な発想で毎日のご飯作りが楽しくなる。スチームオーブンレンジが頑張ってくれている間には、味付けのソースを作ったり、別の家事をしたり。自分時間も充実。

その日にあるものをヒートグリルにのせて焼くだけの調理は簡単ながらもおいしくてヘルシー。お弁当作りにも大活躍! これは強い味方だ。

簡単ワンボウル調理が進化、冷凍食材対応の「凍ったままワンボウル」

おまかせグリルとともに「ワンボウル調理」も日々の食卓にバリエーションを持たせてくれる簡単調理法。耐熱ガラス製ボウルに食材と調味料を入れて、加熱するだけの手軽なワンボウル調理は、容器ひとつで完結する。ワンボウルパスタは、既存のビストロユーザーには人気の定番調理方法だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル