top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ドラマ「RoOT / ルート」土屋貴史監督インタビュー「オッドタクシーで描かれている少しヒリつく恐さを、より感じられるのではないかなと思います」

ガジェット通信

映画化、舞台化と展開してきたアニメ「オッドタクシー」の世界から新たに誕生したドラマ「RoOT / ルート」が毎週火曜深夜24:30 放送中です。 W主演に、ともに本作で地上波ドラマ初主演の河合優実と坂東龍汰という、最注目の若手実力派俳優の二人を迎え、漫画「RoOT / ルート オブ オッドタクシー」で描いている若手探偵コンビの奮闘劇を基に、ドラマオリジナルストーリーを展開。

Netflixにて見放題独占配信中とあり、深夜ドラマながら日別ランキングにて TOP10 入りするなど、まさに話題沸騰中の本作。数々のCMやミュージックビデオを手掛けてきた、土屋貴史監督によるクールな映像演出も魅力的です。本作へのこだわりについて、土屋監督ご本人にお話を伺いました!

――私はアニメのファンでもあるのですが、ドラマ「RoOT / ルート」とても面白くて感動いたしました。まず、監督は「オッドタクシー」という作品には最初どの様な印象を受けましたか?

キャラクターとストーリーのギャップがよく出来ていますよね。最初に思い出したのは、「ペンギンズ・メモリー 幸福物語」という古いアニメです。すごく可愛いペンギン達の物語なのですが、主人公は帰還兵で、戦争で負ったトラウマを持っているという設定で。「オッドタクシー」も同様に可愛らしいキャラクターとシリアスな設定の組み合わせが面白いなと思いました。1つのシチュエーションへの出入りが毎回ある、お笑いや漫才のように、「いざ、入っていく」感じも独特な印象でした。

――そんな作品を実写ドラマにするにあたりどの様なことを最初に意識しましたか?

広告の後にも続きます

(監督の)お話をいただいた時はアニメで描かれたストーリーの別サイトを描きたいということは完全に決定していて、自分は脚本から入っているのですが、アニメで起きた事象は変えないという整合性は守るべき点でした。最初の企画はもう少し小戸川自体が主人公的なキャラで、そこに探偵の話が加わる内容でしたが、予算やスケジュールを考えた時に再現性がなかった。いずれにせよ、アニメともう1回同じことをやっても絶対勝ち目がないし、もうちょっと違うアプローチだったり、違うインフォメーション、観た人が何かを持ち帰れるようなものをちゃんと作った方が良いという意見を出させてもらいました。そこのセッションが1番大変だったかもしれないですね。

――おっしゃるとおり、動物のキャラクターで描いていたものをそのまま人間のキャラクターがやっても全然違う印象になってしまいますものね。

全く違いますよね。アニメ表現、そしてあのキャラデザだから違和感がなかったものが、ダイレクトに出てきてしまうこともあれば、わかりづらくもなったり、下手するとアニメの内容を裏切る内容にもなる。その人自身にも人生がある俳優さんがお芝居することになるから、そこが難しいなと。脚本自体の作業はそこまで大変じゃなかったのですが、アニメとドラマのそうした観点での整合性もチューニングに苦労しました。

――本当に観ていてすごく面白いですし、感動しました。

良かったです。本作でいうと、例えば白川さんは出てきません。同じ世界線上には存在しているのですが、出してしまうとドラマで描きたい部分からブレてしまったりもするし、ボリューム上仕方なく落としている部分は多いです。

――雑居ビルにちらっと映る「カポエイラ教室」の看板であったり、そうやって「あ、いるんだ」と思えるところが素晴らしかったです。「ミステリーキッス」の仮面組は、生身の人間が演じているとすごく可哀想だなと思いました…!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル