top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「SEVENTEEN」ボーカルチーム、 「青春賛歌」MVを公開…じんとくる応援

ワウコリア

ボーイズグループ「SEVENTEEN」のボーカルチームが、世の中のすべての若者たちに胸にじんとくる応援と慰労を伝え、話題になっている。

 「SEVENTEEN」は24日午前0時、公式SNSとHYBE LABELSのYouTubeチャンネルを通じて、ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」に含まれたボーカルチームの新曲「青春賛歌」のミュージックビデオ(MV)を公開した。

広告の後にも続きます

 MVには大小の悩みで活気を失った若者たちがお互いに出会って1つになり、再び力を得る過程が描かれる。出会いが怖くて機械を通じてだけ対話するウジ、あまりにも敏感で世の中を曇らせるジョンハン、人々の顔色をうかがうためにミーアキャットになったジョシュア、石のように何もしたくないDK(ドギョム)、連絡を受けるのが怖くて連絡を絶ったスングァンなど、誰もが一度は経験したような話が繰り広げられ共感を呼ぶ。

 疲れた若者を立ち直らせるのはお互いの存在だ。「Tiny ISSUE CLUB」に集まった彼らは一緒に話を交わし、肩を軽くたたいて相手の涙を拭うティッシュ(TISSUE)になってくれる。現実的でありながらも希望に満ちたMVの雰囲気が、「青春賛歌」の明るくて胸いっぱいのサウンドと調和し、感動を抱かせる。メンバーたちは涙の演技を消化し、おぼろげな感じを加えた。

 「SEVENTEEN」のアルバムプロデューサー・ウジが作詞・作曲に参加した「青春賛歌」は、初めて迎える青春を賛美する歌だ。「日常で小さな幸せを発見し、美しい今を満喫しよう」というメッセージを軽快なJ-ロックジャンルの音楽に溶かした。この曲は発売後、口コミだけでMelon、bugs、YouTube Musicなど韓国の主要音源チャート順位圏に3週間以上とどまり、着実に愛されている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル