top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

信州伊那栗のみを使用!とっても贅沢な「栗のテリーヌ」/【連載】達人おすすめのお取り寄せ

おいしいマルシェ

今回ご紹介させていただくのは、信州里の菓工房さんの「栗のテリーヌ」です。私がこちらのお店を知ったのは数年前のこと。計画していた長野旅行にむけて下調べをしていた際にみつけたWeb記事でした。

長野県の二つのアルプスに囲まれた伊那郡飯島町。その緑豊かな山郷にある信州里の菓工房さんは、栗をテーマにしたお菓子屋さん。

材料に使用されている栗は、地元の農家さんから仕入れた「信州伊那栗」のみ。お客様に、栗本来の色や香り・美味しさを味わってもらえるように、収穫したての栗をその日のうちに選果し、加工・調理されているという、お菓子作りのこだわりについて触れられていました。

全国でも有名な栗の産地は いくつかありますが、長野県が「北は小布施町、南は飯島町」と言われるほど、二大産地を有しているとは知りませんでした。なかでも「信州伊那栗」は、地元一丸となったプロジェクトから生まれた栗で、平成15年(2003年)から本格的な生産が始まった質の高いブランド栗として、近年人気が高まっているとのこと。

信州里の菓工房さんのカフェメニューをみると、「信州伊那栗」をふんだんに使用した作り立ての「できたてモンブラン」、「できたてモンブランパルフェ」といった、心惹かれる栗のお菓子ばかり。

広告の後にも続きます

絶対お店に行かないと!と思っていたのですが、時はコロナ禍に突入。お店にお伺いすることはかないませんでした。が、あきらめきれない私は、さっそくウェブショップで気になっていた「栗のテリーヌ」をお取り寄せさせていただきました。

「栗のテリーヌ」という栗好きにとってはとても魅力的なネーミングですが、味の想像がまったくつきません。ウキウキしながらテリーヌをお皿に盛ってみてびっくり。これでもか!とういうほどに栗がゴロゴロ。なんという贅沢なお菓子なんでしょう!

まずはひと口。信州伊那栗のペーストを使った生地は、濃厚なモンブランクリームのような重厚感のある味わい。しっとりとしながら栗のホクホク感がちゃんと残った食感で、洋酒の風味がアクセントになっています。

その中には、ねっとり濃厚な大ぶりの渋皮煮、ほっくりした甘さが際立つ甘露煮がたっぷり。数種類の栗のお菓子を食べたような満足感が味わえます。

個性の異なる栗の中でいろどりと風味を与えているのが、カシス。ジューシーなカシスの酸味が、栗の風味をまとめてすっきりとした印象を与えてくれます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル