top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

佐々木蔵之介「人と馬の歴史を体感してほしい」、「JRA 70周年記念展示~人と馬の物語~」開幕セレモニー

YESNEWS

22日(水)、「JRA 70周年記念展示~人と馬の物語~」のオープニングセレモニーが会場である大丸東京店で開催され、同展示の音声ガイドを務め、 JRA年間プロモーションキャラクターでもある俳優の佐々木蔵之介が出席。同展示会開催に伴い、除幕式を行った。

日本中央競馬会は、5月22日(水)より本年JRAと同じく開業70周年を迎える大丸東京店にて開催される「JRA 70周年記念展示~人と馬の物語」のオープニングセレモニーを開催。JRA年間プロモーションキャラクターであり、同展示の音声ガイドを務めている佐々木蔵之介が出席した。

除幕式に先立ち、人気の馬“ソダシ”とともに登場した佐々木は、「節目の70周年に立ち会えることをすごく光栄に思っております」とあいさつ。週の頭に「第91回 日本ダービーPR発表会」にも出席した佐々木は、26日(日)に開催予定の「第91回 日本ダービー(GI)」を控え、「今週に向けて盛り上がっている感じがしますね。調べて悩んでいる時間も楽しいです。ずっと考えていられる(笑)」とファンぶりを披露していた。

自身が務めた音声ガイドについては、「人と馬、その関係のドラマが全部で6本ありますが、どれも熱いもの、胸に込み上げるものがいっぱいありました。いろいろな物語があり、興味深いと思います」と説明。MCに美声を褒められると、「耳元でささやきます(笑)」と恐縮していた。

また、同展示会開幕に先立ち、芦毛の怪物“オグリキャップ”のラストランをスタンドから観戦しているような感覚を体感できる「サウンドVR」体験した佐々木は、「聞くというより、体感できる感じですね。あの17万人のオグリコールを、大丸の1回で体感できる。これすごいですよね(笑)」と興奮気味に説明していた。これはオグリキャップの感動的なラストランとなった第35回有馬記念(GI)を、新感覚のサウンド体験「サウンドVR」で再現しており、まるで競馬場にいるような感覚を楽しめる。

広告の後にも続きます

また、同じく70周年を迎えた大丸とJRAのコラボイベント「ほっぺタウンお弁当ダービー」も開催され、「楽しそうですね(笑)」とたくさんのメニューに興味を示した佐々木。最後に「人と馬の物語。人にも馬にも歴史があり、そこにストーリーがあるからこそ競馬場に行くとドラマが生まれる。奇跡が起きたり、事件が起きたり、そのドラマを僕たちは観ている。ぜひここで人と馬の歴史を体感してほしい」とアピール。「あとは今週末の日本ダービーに向けてますます盛り上がっていくと思いますので、みなさんも機会があれば競馬場で新しいヒーローを目撃してください」と語った。「JRA 70周年記念展示~人と馬の物語~」は、6月4日(火)まで。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル