top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

浅草|和カフェ「和茶子-wasako-」石川県の行松旭松堂の和菓子と玄米珈琲を堪能

いろはめぐり

浅草は日本の伝統的な文化が集まる観光スポットです。
せっかく足を運んだのなら、日本の文化を堪能したいですよね。

そこで、今記事では〝和〟を思い切り感じられる和カフェ兼茶道体験サロンの「和茶子-wasako-」を紹介していきたいと思います。

本格的な和室がある空間で、川のせせらぎを感じながら和菓子と玄米珈琲を楽しんだので、気になる方はぜひ最後までご覧ください!

 目 次

  • 1 浅草にある「和茶子-wasako-」へ
  • 2 和カフェで「和菓子」と「玄米珈琲」を実食
    • 2.1 菜種きんとん
    • 2.2 お花見団子
  • 3 玄米珈琲
  • 4 石川県小松市の「行松旭松堂」の和菓子
  • 5 まとめ

浅草にある「和茶子-wasako-」へ

「和茶子-wasako-」は、浅草駅A4出口から徒歩20秒のところに位置しております。
駅から近いのはとてもありがたいですよね!

広告の後にも続きます

コレクション雷門ビルの5階になりますので、エレーベーターで上がります。
予約した旨を伝え、案内されたところはこちら。

扉を空けた瞬間ガラッと和空間。
本格的な和室スペースが、まず目に入りました。
畳だけでなく、掛け軸や赤い野点傘があることにより、さらに日本の風情が感じられます。

また、店内には川のせせらぎや鳥の声が感じられるBGMが流れています。
「和茶子-wasako-」では「R-LIVEスピーカー」という森の音を原音としたスピーカーを導入しており、入った瞬間に本当に森の中にいるのではないかと錯覚してしまうほど、自然の音を体感できます。
心身共に安らげる空間で、とても落ち着きました。

カフェは、入って左手にある、ソファーと椅子のスペースで、畳のある和室スペースは茶道体験用になっています。

和カフェで「和菓子」と「玄米珈琲」を実食

今回注文したのは「玄米珈琲&和菓子 ¥3850円」です。
和菓子は数種類の中から選ぶことができ、季節によって、ラインナップが変わります。
私と友人が選んだのは「菜種きんとん」と「お花見団子」。

玄米珈琲も含め、それぞれ一つずつ紹介していきます!

菜種きんとん

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル