top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「エドモンド・ド・ロスチャイルド・グループ」とプロヴァンスの名門「シャトー・ルービンヌ」のコラボレーションから生まれた高級プロヴァンスロゼ「アミスタ」

ワイン王国

二人の女性の友情が生み出した「アミスタ」

「エドモンド・ド・ロスチャイルド・グループ」を率いるアリアンヌ・ド・エドモンド・ロスチャイルドさんとプロヴァンスの名門「シャトー・ルービンヌ」のオーナー、ヴァレリ・ルーセルさんのコラボレーションで造られた高級プロヴァンスロゼ『アミスタ(Amistà2023)』がリリースされた。アミスタはイタリア語で友情、友好を意味する。

 「私は長い間ロゼを作りたいと思っていました。アミスタは、私と同じ価値観を共有する友人であるヴァレリ・ルーセルとの出会いから生まれました」とアリアンヌ・ド・ロスチャイルドさんは説明する。

[ 関連記事を読む – ロゼワイン ]

シャトー・ルービンヌの特定区画から生まれた「アミスタ」

ブレンド割合はグルナッシュ・ノワール35パーセント、サンソー30パーセント、シラー25パーセント、ムールヴェードル10パーセント。生産本数1万本。透明感のあるサーモン色。白い果肉の果実(白桃)やグレープフルーツのニュアンス、そして繊細な花の心地いい複雑な香りが感じられる。口に含むとしなやかで、長さがあり、柑橘系、特にグレープフルーツや柚子を思わせる味わいがある。

広告の後にも続きます

エドモンド・ド・ロスチャイルド・グループのワイン生産責任者、ファブリス・バンデラ氏は「アミスタ2023はシャトー・ルビーヌとのパートナーシップ3年目のヴィンテージで、これまでで最も完全な表現に達している」と説明する。

パリで行われたアミスタの発表会 アリアンヌ・ド・ロスチャイルドさん(左)、ヴァレリ・ルーセルさん(右)

シャトー・ルービンヌはコート・ド・プロヴァンスに18あるクリュ・クラッセの一つ。ヴァール県の中心に位置し、120ヘクタールの敷地内に72ヘクタールの一続きのブドウ畑が広がっている。1994年にヴァレリ・ルーセルさんが受け継ぎ、プロヴァンスの偉大なワインの復興に大きく貢献してきた。

10年ほど前からビオディナミ農法の試験を行い、2017年にオーガニック認証を取得。2020年には、ビオディナミ農法の「デメテール(Demeter)」の認証を得た。プロヴァンスでもとりわけ意識的な環境問題に対する取り組みが高く評価されている。「アミスタ」はこのシャトー・ルビーヌの特定の区画から生まれたもので、裏ラベルにはもちろん、ビオロジックワインの公式認証マークが付いている。

エドモンド・ド・ロスチャイルド・グループとシャトー・ルービンヌの紛れもない共同作品

シャトー・ルービンヌのオーナーのヴァレリ・ルーセルさん(左)、エドモンド・ド・ロスチャイルドの醸造責任者、ファブリス・バンデラ氏(右)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル