top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平&真美子さん 夫婦で求められる「大谷財団」設立…26億円別荘持つ“第三の故郷”ハワイへの支援も

女性自身

大谷翔平&真美子さん 夫婦で求められる「大谷財団」設立…26億円別荘持つ“第三の故郷”ハワイへの支援も(C)女性自身

「緊張してる?」

 

5月17日(日本時間)、ドジャースの大谷翔平選手(29)が、レッズ戦で始球式に登場。心臓病を患う少年、アルバート・リーくん(13)をフォローしながら、彼のボールをしっかりキャッチした。

 

「アルバート君は生まれつき心臓が弱く、両親には生後3日で将来、心臓を切開する手術を受ける必要性があると伝えられたそうです。最初の手術は無事、成功しましたが、今後も同様の手術を受ける必要があるといいます。現在、アルバート君はリトルリーグで活躍中で、今回の始球式に大谷選手が現れたのは“サプライズ”でした。一時、言葉を失った彼は大谷選手から英語で優しく声をかけられると、『30秒間、呼吸できなかったよ!』と感激していました」(スポーツ紙記者)

広告の後にも続きます

 

心臓病の少年を笑顔にしたこの日、米経済誌『フォーブス』は世界のアスリートの長者番付を発表。大谷は8千530万ドル(約132億円)で13位にランク入りした。

 

「大谷選手は野球界ではトップで、公表された上位50選手では唯一の日本人でした。年俸など野球収入で2千530万ドル(39億円)、広告収入などで6千万ドル(93億円)の総収入があると報じられました」(前出・スポーツ紙記者)

 

“大谷効果”は、始球式の試合当日も明白だった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル