top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ケンタッキーのニュースにネット激震「今のうちに食べておくか」ガチ勢降臨で一気に広まった“心配”とは?

GourmetBiz

「世界一美味しい」と称されることもある、日本のケンタッキーフライドチキン。

ところが、もしかしたら日本が誇るケンタッキーの味が変わってしまうかもしれないという、不穏なSNSの投稿が注目を集めているのです。

■“世界一美味しい”日本のケンタッキー、もしかしたら二度と味わえなくなる…?

X(旧Twitter)で、あるユーザーが日本のケンタッキーのチキンについて「世界で一番美味いと言う関係者が多い」と投稿。

そのユーザーによると、日本のKFCのチキンが美味しいのは「三菱のジャパンファームのニワトリ」だからだそうです。

この“ジャパンファーム”とは、三菱商事を筆頭株主のファームで、1988年に「日本ケンタッキーフライドチキン社の認定工場第一号」に認定されています。

広告の後にも続きます

(画像:公式サイトより)

国内有数の大企業が出資するファームで育てられたニワトリを使用しているため、世界一と称されるほどの美味しいチキンが提供できているのです。

ところが、先日、米投資ファンドのカーライル・グループが日本KFCホールディングスを買収すると発表。

三菱商事も保有株を全て手放す予定で、ケンタッキーはカーライルの完全子会社となる見込みです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル