top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

稲垣吾郎 衝撃的な事実に腰を抜かす姿 「あんのこと」でジャーナリスト役 場面写真

映画スクエア

 2024年6月7日より劇場公開される、河合優実主演、入江悠監督・脚本の映画「あんのこと」から、稲垣吾郎演じる私情と正義のはざまで揺れ動くジャーナリスト・桐野の姿を捉えた場面写真が公開された。

 稲垣吾郎が演じるのは、週刊誌の編集部で働くジャーナリストの桐野。杏(河合優実)に小さな老人ホームでの介護の仕事を紹介する一方で、3年前から多々羅(佐藤二朗)と主催する薬物更生者の自助グループ・サルベージ赤羽の活動を取材している。公開された場面写真には、最低限の荷物を持って家を飛び出した杏を迎える多々羅と桐野を捉えたシーンをはじめ、ある衝撃的な事実に呆然(ぼうぜん)として腰を抜かす姿や、ジャーナリストとしての仕事ぶりが垣間見える編集部での様子が切り取られている。

 稲垣は自身の役柄について、「ジャーナリストとしての正義感と、二人との友情と、一会社員としての下心。いろんなところで揺れ動く役なので、それが上手く伝わってればいいなと僕も迷いながらやりました。答えがひとつではない映画ですが、いまの社会にとって必要な映画だと僕は思います」とコメントを寄せている。

 「あんのこと」は、2020年6月の新聞に掲載された「ある1人の少女の壮絶な人生を綴った記事」に着想を得て描く、実話を基にした人間ドラマ。機能不全の家庭に生まれ、虐待の末にドラッグに溺れる少女が、人情味あふれる型破りな刑事や、更生施設を取材する週刊誌記者をはじめとした人々と出会い、その見返りを求めない姿に次第に心を開き、生きる希望を見いだしていく。しかし、かすかな希望をつかみかけた矢先、どうしようもない現実が彼女の運命を残酷に襲う。

 メガホンを取るのは、「SRサイタマノラッパー」「ビジランテ」などで現代社会の問題にスポットライトを当ててきた入江悠。主人公の杏を河合優実が演じるほか、佐藤二朗、稲垣吾郎らが出演する。

広告の後にも続きます

【作品情報】
あんのこと
2024年6月7日(金)新宿武蔵野館ほか全国公開
配給:キノフィルムズ
© 2023『あんのこと』製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル