top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

中森明菜マニア向け!? 加藤登紀子が提供⇒明菜がカバー・シングルリリースした楽曲名は?

エンタメウィーク編集部

中森明菜マニア向け!?クイズ! 加藤登紀子が提供し、中森明菜がカバー・シングルリリースした楽曲名をあなたは覚えていますか?
>>他のクイズはこちら!
中森明菜マニア向け!? デビュー曲『スローモーション』のB面楽曲、分かりますか?

シングル発表数は54枚!あなたはどの曲が好きでしたか?

1980年代を代表する歌姫・中森明菜さん。

1982年にシングル曲『スローモーション』でデビュー後、『少女A』『飾りじゃないのよ涙は』など、次々とヒットを記録。楽曲『ミ・アモーレ』(1985年)、『DESIRE -情熱-』(1986年)で女性歌手としては史上初の日本レコード大賞を2年連続で受賞しています。

当時人気絶頂だった松田聖子さんと人気ツートップを張り、「聖子派」「明菜派」で盛り上がった方も少なくないかもしれませんね。

小泉今日子が明かした中森明菜&松田聖子との「楽屋交流」と「ライバル関係」

アサ芸プラス https://asagei.com/excerpt/219398

関連記事:小泉今日子が明かした中森明菜&松田聖子との「楽屋交流」と「ライバル関係」

1987年リリース、加藤登紀子が楽曲提供した19枚目のシングル名は?

明菜さんのバラードの中でも泣ける歌として評価が高いのは、19枚目のシングルです。この曲は加藤登紀子さんが1984年に発表した楽曲で、3年後の1987年に明菜さんがカバー。同年の第29回日本レコード大賞の金賞と特別大衆賞に輝きました。

音程が低く哀愁や絶望感の漂う楽曲は、加藤さん自身の失恋を歌い上げたもの。悲壮的で複雑な旋律は、明菜さんが持つ雰囲気とマッチしています。彼女の豊かな歌唱と世界観を聞いていると、まるで海底へと沈められそうな気持ちに…。歌番組では涙を見せて歌唱する歌姫にファンは釘付けでした。

さて、この楽曲が何だったか、あなたは覚えていますか?

正解は次のページに!

広告の後にも続きます

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル