top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

スーパーアキダイの社長が明かした「M&A」と「ノーギャラ取材」のワケ

アサ芸Biz

 テレビ取材は年間300本以上といわれ、“日本一、テレビに出るスーパー”として有名な食品スーパーのアキダイ。2023年、神奈川県を中心に展開する大手スーパー・ロピアを運営するOICグループからのM&Aを受け、傘下に入った。

 5月20日配信の「東洋経済ONLINE」では、アキダイ秋葉弘道社長へのインタビューを掲載。記事によると、秋葉氏は自分が元気なうちから従業員が安心して今後も働ける道筋をつくっておこうと考え、OICグループからM&Aを持ちかけられたときは、「既存店舗を残す」「従業員を異動させない」などの条件を全て受け入れてもらえたことから、15分で話がまとまったという。なお、アキダイの株式は全てOICグループに譲渡したが、秋葉氏はアキダイの代表取締役社長で経営権も持っているとのことだ。

 M&A後も都内に数店舗あった既存店はそのまま残り、仮に秋葉氏が一線を退いた後も、OICグループの傘下にあることから従業員は安心して働くことができる。“アキダイブランド”を残すとともに、ある意味、従業員のためのM&Aだったともいえそうだ。

「従業員だけでなく、秋葉氏はテレビ関係者も気遣っています。20年7月放送の『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)で、アキダイを取り上げました。“取材依頼が来たら断らない”という秋葉氏は、その理由について『(取材先探しで)困っている人がいたら、精一杯何かしてあげたい。お願いされたらイヤと言えないタイプで、たまたまそれがテレビ局だった』と語っていました。年間300回以上も取材依頼があるのも、秋葉氏の“絶対断らない”というサービス精神があるからでしょう。ちなみに、取材は全てノーギャラ。23年3月放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)に出演した秋葉氏は、ノーギャラの理由について、『(店で)“これ甘いですか”などと聞かれるのと同じ感覚で、その辺で道を聞かれて道案内して、“お金ください”っていう人がいないのと一緒で、それでお金を取ろうという感覚はないですね』と話していました」(テレビ誌ライター)

 今後も取材依頼はどんどん増えていきそうだ。

広告の後にも続きます

石田英明

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る
 
   

ランキング

ジャンル