top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

天文一八(一五四九)年、日本に初めてキリスト教をもたらしたフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸。都での布教を果たすも突然の「伴天連(バテレン)追放令」に…

ゴールドライフオンライン

信じるものは異なっていても、安寧な世を求める心は等しい。波打つ時代の狭間で両者の心が邂逅するとき、海を越えて歴史が大きく動き出す――。日本と西洋が出会った天正の時代を情緒豊かに紡いだ歴史物語。※本記事は、鷹嶋ちた氏の小説『海渡るフォルトゥーナ』(幻冬舎ルネッサンス)より、一部抜粋・編集したものです。

九十九髪

天文一八(一五四九)年。あの「宮王三郎の茶会」が行われた前年。鹿児島に上陸したフランシスコ・ザビエルは、日本に初めてキリスト教をもたらした。

天文二〇年一月ザビエルは堺を経由して上洛を果たす。しかし、天皇に謁見することもかなわず、町の荒廃を見て都での布教を断念している。九州や山口での布教成果を踏まえ、都での本格的な布教が始まるのは、八年後である。

ポルトガル人宣教師ヴィレラと、日本人修道士ロレンソ、同宿ダミアンが送り込まれたのであった。それから六年が経ち大きな成果を上げたが、将軍義輝の死と松永久秀の台頭によって、再び水泡に帰すかに見えた。

「ヴィレラ様、この度は本当に悔しゅうございます」

広告の後にも続きます

ダミアンは涙顔で訴えた。

「六年前我らが都に派遣された際は、誰一人として信者はいなかったではないか。それが三好長慶様、細川様のお力で将軍義輝様にお目通りが叶い、『三カ条の禁制』を賜る事が出来たのだ」

ヴィレラはダミアンを諭した。禁制とは、

一、パードレの家で乱暴しない

二、武将の宿舎としない 悪口を言わない 

三、不合理な税や負担を課さない 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル