top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【デジカメ】1万円台で買えるコンデジがSNSで大バズり中! 話題のカメラを買ったつもりが間違えていたけど最高だった

ロケットニュース24

最近、若者たちの間でデジカメが再ブームを迎えているらしい。フィルムカメラよりも気軽に楽しめるレトロな雰囲気が人気なのだとか。とくにSNSでバズりまくっているのが「Kodak FZ55」なる機種である!

簡単にいえば、フラッシュ付きでいわゆる平成風の懐かしい写真が撮れるそうだ。インスタントカメラと比べて現像代もかからないことも魅力だという。価格は1万9000円台とのこと。面白いかも。

ってことで、ネット検索して1番安いショップで購入したつもりが、間違えて「Kodak FZ55」ではなく「Kodak FZ45」を買ってしまったようだ。ミスった……と思いきや、十分楽しめているので皆さんにも紹介したい。

・コダックのコンデジ

間違えた理由はたった1つ。話題の「Kodak FZ55」と「Kodak FZ45」が激似だから。FZ55と検索したのに、トップに表示されたのがFZ45だったのだ。見た目がほぼ同じなので間違えて買ってしまった。

後から調べたところ、写りもほとんど変わらないっぽい。むしろ違いが分かるような人間ではない。ただ私にも分かる大きな違いが1つだけあって……

広告の後にも続きます

FZ55は充電式だが、FZ45は単3電池式。私が購入したカメラには、乾電池が2本必要だった。

とはいえ、話題のFZ55がメルカリでも2万5000円以上するのに対し、FZ45は新品で1万3000円台。それなら安い方を買いたいし、乾電池で動くのも渋い。間違ってよかった……と、自分に言い聞かせた。

・FZ45

さて、FZ45は電池を入れた状態で163グラム。軽くてコンパクト。余裕でポケットに入るサイズだ。

スマホ(iPhone 14 Pro)と比べると小さいことがよく分かる。

画素数は最大16MP(4608×3456)。縦横比は4:3だ。動画撮影もできるし、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)らしく撮影モードも「夜景」「スポーツ」「ポートレート」など盛りだくさん。

一瞬ビビるのは、液晶モニターの解像度が異常に低く、考えられないほど画面が粗いこと。これは使えないかも……と不安になるほどの粗さ。レトロを超えて中国の激安通販レベル。

・撮影してみると

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル