top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

踏んだり蹴ったり4連敗の腹いせに函館競輪で万車券リベンジ!/日本全国「旅打ち」行脚~新潟競馬(下)

アサ芸プラス

 新潟競馬場は左回りで直線が長い。外回りの芝は658.7メートルで、日本で最も長い。ダートの直線353.9メートルは、日本で3番目の長さだ。各馬にとってこのコースの得手不得手はあるはずだが、新参者にその加減がわかるはずもない。

 予約した4コーナー寄りのアイビススタンドB指定席からはゴールが遠く、4コーナーが遠くに見えている。新潟競馬場は左右の幅が、これまで見たことがないくらい距離がある。直線1000メートルコースがあるくらいだから、当然なのかもしれないが。

 5月18日、初の新潟競馬場は新幹線が遅れて、到着はなんと15時前に。ご飯を食べながら急いで馬券を買った、メインの11Rはドボンだった。

 残るは12Rの4歳以上1勝クラス、ダート1200メートル、15頭立て、である。馬券の結論は1番人気の②グッドウッドガイに、上位人気ではない⑧グレアミラージュと⑨ファイアネイドも狙って、3頭②⑧⑨の1着から、2着と3着に4頭を加えた幅広いフォーメーション90点を各200円、合計1万8000円とした。

 結果は1着②、2着⑦、3着⑥で、3連単②⑦⑥は3万920円。10番人気の⑦はノーマークだった。これもドボン。

広告の後にも続きます

 ギャンブル場に出かけると、最初はエンジンがかからなくても、何かの加減でスイッチが入ることはよくある。だが、この日はウォーミングアップしたら早くも終了の、スカスカした気分。さすがにこのままでは帰れないと思って、発売していた東京競馬の最終12Rにも手を出してみた。枠連3点を各2000円。だが、これもドボンだ。3戦全敗で、新潟競馬場をあとにした。帰りも再び道に迷い、この日は魔日のようだった。

 せっかく遠出して、新潟で何の収穫もないままというのも情けない。繁華街の六日町まで出かけようと思ったが、新潟駅周辺もけっこう賑わっている。「炉ばた」の看板の店があったので入ってみたら、そう銘打っているだけで、ごく普通の居酒屋だった。最後まで調子が狂った。のどぐろ、柏崎の岩もずく酢、あら汁を地酒の真野鶴、緑川でやって、引き上げた。

 ちなみに、競馬場に滞在したのは1時間半ほど。滞在時間では、これまでの旅打ちの最短記録だ。

 散々な1日のあれやこれやを払拭するのは、翌日のオークス、競輪のGⅢ・函館記念でのリベンジしかあるまい。

 というわけで5月19日、東京競馬場で行われたオークスは、データ的にも人気上位馬で決まりそうな気配。人気馬から人気薄に手を広げるか、5番人気くらいまでに絞って厚くまとめるかのどちらかだろう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル