top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【親ガチャ問題】知らない方がいい「世界」に悲鳴…「海に行こうぜ!」は違う意味だった?

COCONUTS

生まれついた家柄や環境で人生が決まるという概念「親ガチャ」。

憧れの慶應義塾大学に入学するも幼稚舎組の存在を知り、劣等感にさいなまれているというX上のポストが注目を集めています。

■慶應入学も幼稚舎組の存在で劣等感

慶應義塾大学は、1858年に福沢諭吉が創始した蘭学塾を源流とする私立大学の名門。

ちなみに慶應という名称は、1868年に塾舎を芝に移転した際、その時の年号だった慶応にちなんでいます。

憧れの慶應ですが「慶應に入って幼稚舎組という存在を認知するまでは、まさか自分が今まで見てた世界が労働者階級用の資本主義2部リーグで、資本主義1部リーグでは有産階級が別のゲームしてるとは思わんかった」というX上のポストがバズっています。

広告の後にも続きます

このポストには同じように格差に驚く人の声が続出。

「慶應大学って、附属小学校(慶應幼稚舎)に入ってしまえば、エスカレーター式に大学まで行けるので、内部進学者がスクールカースト上位というのは無理もない。大学からの外部入学者はスクールカースト下位に甘んじなければならない」
「幼稚舎ってもう親ガチャでしか無い世界やん、レールすら引かれてなかった僕はどうすれば」
「幼稚舎組の存在に気づくと、世界の見方が変わりますよね。違う階級の現実を知るのは衝撃的です」

などの意見が上がっています。

■「海に行こうぜ!」は海水浴でなくヨット遊びだった!?

また、常識が一般とはずれているようで、

「海に行こうぜ!は海水浴ではなくヨット遊びのこと」
「就職祝いで親から新車のBMWをプレゼント」
「就活中に取引先の大手化学メーカーからコネ入社の誘い」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル