top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

舘ひろし&柴田恭兵『あぶない刑事』でキャラのプライベート初披露の裏側明かす

シネマトゥデイ

謎のベールに包まれていたタカ&ユージのプライベートが…! – 写真:高野広美

 映画『帰ってきた あぶない刑事』(5月24日公開)で、いままで描かれてこなかったタカ&ユージのプライベートについて言及されている。タカ&ユージを演じる舘ひろし&柴田恭兵が、プライベートな瞬間を演じた際の秘話を明かした。

 38年前に放送されたテレビドラマ「あぶない刑事(デカ)」は、そのスタイリッシュかつファッショナブルなカッコよさと、ド派手なアクションやコミカルなキャラクターの魅力で、社会現象を巻き起こした。以降、テレビシリーズやスペシャルドラマ、映画が作られ、2016年公開の『さらば あぶない刑事』で幕を閉じた……はずだった! 8年ぶりにスクリーンに帰ってきた舘演じる“ダンディー鷹山”ことタカと、柴田演じる“セクシー大下”ことユージの伝説的バディが、新たな姿で魅せる。

 『さらば~』のテーマは「原点回帰」だったが、今作では新たな試みが数多くなされている。メガホンを取った原廣利監督は「あぶ刑事」初挑戦。スタッフチームも若手で、映像もテンポも「いままでにない、まったく新しい『あぶ刑事』です」と舘は自信を見せる。さらに「今回は2人の娘かもしれないという女性が登場するんです。これまで、タカとユージのプライベートはあえて描いてこなかったので、お父さんらしい一面を出せたらいいと思いました」と柴田。舘も「最初に撮ってくださった長谷部安春監督の、プライベートは出さないという考えをずっと守ってきていましたが、今回はそこもチャレンジですね」と続けた。

 刑事を定年退職後にニュージーランドで探偵をしていた2人が、当地で警官ともめて出禁となり、横浜に舞い戻ったところから今作ははじまる。新たに開いた探偵事務所には2人それぞれの居室もあり、「プライベートな空間に入ったのは初めてで、新鮮でした」と舘は感慨深げだった。柴田は「ただ、あまりにウェットになりすぎると『あぶ刑事』ではなくなってしまうので、そのバランスは心配でした。でも完成品を観たら、素敵な作品になっていました」と満足そう。舘も隣で「その通り」という顔でほほ笑んだ。

む、娘!? (C) 2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会

 娘かもしれない女性・彩夏を演じるのは土屋太鳳。2人の事務所に、母・夏子を探してほしいと依頼をしてくる。夏子の消息を追う2人は、やがて横浜で起きた殺人事件や、元銀星会組長の息子らの企てに巻き込まれてしまい……。実は夏子は、タカともユージとも旧知の女性で、「もしや彩夏は自分の娘では……?」という疑惑を2人ともが持ち、張り合う様子を見せるという展開だ。

広告の後にも続きます

 これまでの「あぶない刑事」の芝居とは違う部分もあったようだ。舘は「子どもに対する対応の仕方、芝居の在り方みたいなものに、ちょっと本当の舘ひろしと柴田恭兵が出ちゃう感じがあったかもしれません。僕はプライベートでは子どもがいないですが、恭サマ(柴田)はいらっしゃるので」と笑った。すかさず柴田が「でも、タカとユージは子どもがいない設定ですから、舘さんのお芝居が正解なんですよ」と返すと「そうなの?」と茶目っ気たっぷりな舘。柴田が「舘さんの太鳳さんに対する、戸惑いつつも父親としての優しさや佇まいがふわっと出てる感じは、とても素敵だと思いました」と語った。舘も「いやいや、ユージと彩夏の関係もすごくよかったですよ。恭さまの脚本を膨らます芝居力はいつもすごいと思っています」と感じ入った様子を見せた。

 印象深い撮影を聞くと、2人ともが彩夏との屋上のシーンを挙げた。「3人で屋上にいて、ダンスを踊っているシーンが、とてもチャーミングだと思いました」と柴田。舘は「本当は3人で踊るという話だったんですが、僕はユージと彩夏だけのほうがいいなと思ったんです。鷹山は心に残っていることがあって、2人のダンスを見ながらそれをずっと考えている。3人で一緒にならないで、2人のいい感じのダンスを眺めてる形がしっくりくるなって。結果的に、すごくいいシーンになったと思います」と撮影を振り返った。家族や親子のような温かみが感じられる、いままで見られなかったタカとユージの姿を垣間見ることができるシーンといえるだろう。

 もちろん、「最後、ハーレーで舘さんがドーンと登場するところは、やっぱりとってもカッコよくて、そこも印象深いです」と柴田が絶賛するように、お馴染みのアクションや銃撃シーンはたっぷりとあり、迫力十分。恒例のユージの走りも健在だ。「お若い方々は、きっとまだ生まれてなかっただろう昔からやっている『あぶない刑事』ですが(笑)、ぜひ劇場に足を運んでみてください」と柴田がアピールすると、舘もすかさず「時代劇だと思って観てください」と笑いながら補足し、劇中の二人同様に息の合ったコメントで締めくくった。(取材・文:早川あゆみ)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル