top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

清少納言・和泉式部・赤染衛門…紫式部は同時代の女性たちをどう評価したのか?【前編】

Japaaan

清少納言という女性

大河ドラマ『光る君へ』で話題沸騰中の紫式部ですが、彼女のほかにも、当時の女性で後世に名を残した人は多くいます。式部は、そんな同時代の女性たちをどう評価したのでしょうか。

まず有名なのは、紫式部のライバルとされる清少納言に対する批判です。

清少納言の父は歌人の清原元輔。康保3(966)年頃に生まれ、橘則光の妻となって数人の子を産んでから離別し、正暦4(993)年頃、一条天皇の中宮・定子の女房となりました。

藤原北家の長者として権勢を誇った定子の父・藤原道隆の全盛期には、恵まれた環境で文才を発揮しましたが、 長徳元(995)年の道隆の死によって環境が暗転します。

政権が道長に移り、彰子の入内によって不遇をかこいました。しかし、その翌年頃から『枕草子』の執筆を始め、長保3 (1001)年までにほぼ書き上げたと考えられています。

広告の後にも続きます

歴史上の二人の関係

大河ドラマ『光る君へ』ではファーストサマーウイカの演技が冴え、紫式部とも共演していますが、実際には長保2(1000)年に定子が没し、主を失った清少納言は宮廷を去っています。

史実としては、紫式部が出仕したのはその後の寛弘2(1005)年頃なので、二人はすれ違っており実際には面識はなかったと思われます。

しかし『紫式部日記』には、清少納言に対する痛烈な批判が綴られています。

清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。さばかりさかしだち、真名書き散らしてはべるほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多かり。
(清少納言こそ、得意顔で偉そうにしていた人です。あれほど利口ぶって漢字を書き散らしていますが、よく見るとたいへんに未熟な部分が多くあります)

かく、人に異ならむと思ひこのめる人は、かならず見劣りし、行くすゑうたてのみはべれば、艶になりぬる人は、いとすごうすずろなるをりも、もののあはれにすすみ、をかしきことも見過ぐさぬほどに、おのづからさるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。そのあだになりぬる人の果て、いかでかはよくはべらむ。
(あのように他の人とは違うのだとばかり思っている人は、必ず見劣りし、行く末は悪いことばかりになるはずです。 風流に染まり切った人は、風流にほど遠い折にも風流を気取り、的外れなつまらない結果を招くものです。誠実でなくなってしまった人の果ては、どうして良いものになるでしょうか)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル