top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

令和6年度「持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業」を募集中 観光庁

訪日ラボ

観光庁は、令和6年度(2024年度)「持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業」を募集しています。

「1:一般型」「2:国際認証・表彰取得型」に分けて公募を実施し、6/21(金)まで受け付けています。

関連記事:

観光業5年目以上の方向け!改めて読みたい「サスティナブルツーリズム(持続可能な観光)」特集

観光庁、令和6年度「持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業」を募集中

広告の後にも続きます

観光庁は、令和6年度(2024年度)「持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業」を募集中です。

世界的にサステナブルツーリズムに対する関心が高まっており、日本が旅行先として選ばれるために、持続可能な観光の推進が喫緊の課題となっています。

この事業では、自然環境や文化などの地域資源の保全や活用、オーバーツーリズムの未然防止のための整備を行い、地域と旅行者の双方がメリットを享受できる持続可能な観光を促進することを目的としています。

「1:一般型」「2:国際認証・表彰取得型」に分けて公募を実施

公募は、「1:一般型」と「2:国際認証・表彰取得型」の2つの類型に分けて、実施されます。

「1:一般型」の整備計画策定者は、地方公共団体や観光地域づくり法人(DMO)、その他の持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業を実施する者(民間事業者など)が対象とされています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル