top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『サガ エメラルドビヨンド』レビュー:まるで『キノの旅』!? 発売から1か月……本作の魅力を改めて振り返る

ガジェット通信

1989年発売の『魔界塔士サ・ガ』を契機に35年も続く人気シリーズの最新作、『サガ エメラルドビヨンド』(以下、『サガエメ』)が4月25日に発売された。

2016年の『サガ スカーレットグレイス』以来8年ぶりのコンシューマ向け完全新作でもあり、期待度も高かった本作。主人公となるキャラクターも、見習い魔女のアメイヤ・アシュリンに、歌姫と呼ばれたメカであるDiva No.5、さらにクグツを使う日本人風の御堂綱紀など、どれも魅力的だ。

▲主人公に選べるキャラクターは5組6人

発売直後は胸躍らせるファンの声もたくさん見たし、ゲーム自体の面白さをしっかり伝えて「マストプレイ」と評価するメディアの記事も読んだ。だが、発売から1か月が経とうという今、辛辣なレビューやコメントも見かけるようになっている。

なぜそのように言われてしまうのか。それはこのゲームが主人公を複数のうちから選べるフリーシナリオであるうえ、文明やそこに住まう種族・価値観もまったく異なる数多くの世界を行き来するゲームだからだろう。

広告の後にも続きます

過去作『ロマンシング サ・ガ』(以下、『ロマサガ』)などでは、プレイヤーの選択によってたどることのできるルートが異なることはあれ、起こるイベントは一つの世界の中での出来事だった。しかし『サガエメ』の場合、世界そのものがいくつにも分かれているので、各世界でまったく異なる出来事が起こる。

例えば巨大な木の上にある緑豊かな世界では、生き物がなぜか石化しており、それを助けなければならない。またある世界は戦争によって荒廃してしまっており、大地は砂で覆われ古びた機械が所々に転がっている。

プレイヤーの選択によって違った物語が紡がれるのはシリーズならではだが、『サガエメ』ではゲーム体験そのものもまったく変わってくる。同じキャラクターでも辿る世界そのものが違うので、プレイヤー同士で感想を語り合っても「まったく別のゲームのよう」ということがあり得る。

物語のつくりは時雨沢恵一のライトノベル『キノの旅』のようでもあり、シュールさの面では『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』など村上春樹作品の小説群にも近い印象を抱く。

そして訪れた世界の一つひとつについても、結局「その世界が何だったのか」は1周するだけではわからない場合が多い。人々が氷漬けにされたとある世界では、一人ひとりの氷を融かして助けながらその世界の謎を突き止めていくことになるが、1回のプレイで全員を融かすことはできない。誰を助け、誰を助けなかったかが、先の展開にも影響を及ぼす。

加えて主人公の視点の違いもある。同じ世界にたどりついても主人公によって導入部分から違うことがあるし、逆に導入や展開が同じでも、主人公のセリフや感じ方によって、その世界そのものの見え方が変わってくることがある。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル