top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

薄く大型のディスプレイを搭載したファーウェイのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT 3」が発売

ガジェット通信

ファーウェイ・ジャパンは5月22日、スマートウォッチ新製品「HUAWEI WATCH FIT 3」を発売しました。手ごろな価格で見やすい大画面と多彩な機能を搭載する「HUAWEI WATCH FIT」シリーズの最新モデルで、全5色をラインアップします。

薄く大型のディスプレイを搭載

本体は厚さ約9.9mmと薄型で、約1.82インチの大型AMOLEDディスプレイを搭載。ディスプレイはリフレッシュレートが60Hz、輝度は最大1500nit。画面占有率は約77.4%に向上しています。

側面にはボタンに加えてクラウン(リュウズ)を搭載。素早く目的の機能にアクセスでき、スポーツ中にも操作しやすくなりました。

強化されたカロリー管理とフィットネス機能

ウォッチ本体の「ボディメイカー」アプリから、手軽にカロリーの管理が可能になりました。スマートフォンアプリ「HUAWEI Health」から入力した飲食の記録と消費カロリーのバランスを手元で確認することにより、健康的に理想の体重を目指すことが可能。

フィットネスの記録はランニング、ウォーキング、サイクリング、水泳など100種類以上のワークアウトに対応。特にランニングでは、5つの衛星測位方式に対応する高精度なGPSにより、正確な距離、軌跡データを収取し、VO2Max、回復時間、ランニング能力指数、トレーニング負荷などを詳細にモニタリングできます。設定した目標に合わせてワークアウトを提案し、スマートフォンのHUAWEI Healthアプリから約160種類以上のフィットネスプログラムが利用できます。

広告の後にも続きます

消費カロリー、エクササイズ時間、スタンド数(1時間に少なくとも1分間立ち上がった時間の数)の3項目について1日の目標への達成度を示す「活動リング」機能では、新たにポイント制度を導入することが発表されました。

健康管理の機能も充実

睡眠計測機能は「TruSleep 4.0」にアップデート。入眠と目が覚めた回数の識別精度が向上し、より高精度な睡眠モニタリングが可能になりました。ハイエンドモデルに搭載されていた、睡眠中呼吸乱れ検知機能も追加しています。

睡眠、心拍数、血中酸素、ストレスの計測で核となる心拍計測機能は「TruSeen 5.5」として強化。スポーツ中の計測精度を向上した他、ワークアウト中に心拍数の範囲を確認したり、心拍数の上限のアラートを設定する機能を追加しています。

バッテリーは通常使用で約10日間の使用が可能。着信やLINE、SMSメッセージの確認、クイック返信、天気、音楽再生コントロール、リモートシャッター、アラーム、タイマー、Bluetooth通話といったスマート機能に対応します。

価格は2万3980円から

フルオロエラストマーベルトのブラック、ピンク、ホワイトの3色は市場想定価格2万3980円(税込)。

ナイロンベルトのグレーと、EC限定販売となるレザーベルトのホワイトは市場想定価格2万5080円(税込)です。

 
   

ランキング

ジャンル