top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ドラマ「RoOT / ルート」ドブ役・三浦誠己&小戸川役・篠原篤インタビュー「考えるテーマがいくつかある作品」

ガジェット通信

映画化、舞台化と展開してきたアニメ「オッドタクシー」の世界から新たに誕生したドラマ「RoOT / ルート」が毎週火曜深夜24:30 放送中です。 W主演に、本作でともに地上波ドラマ初主演の河合優実と坂東龍汰という、最注目の若手実力派俳優の二人を迎え、漫画「RoOT / ルート オブ オッドタクシー」で描いている若手探偵コンビの奮闘劇を基に、ドラマオリジナルストーリーを展開。

Netflixにて見放題独占配信中とあり、深夜ドラマながら日別ランキングにて TOP10 入りするなど、まさに話題沸騰中の本作。裏組織で暗躍するドブを演じた三浦誠己さんと、事件のキーマンであるタクシー運転手・小戸川を演じた篠原篤さんにお話を伺いました。

――ドラマ楽しく拝見させていただいています!本作の企画を聞いた時、脚本を読んだ時にはまずどの様な印象を受けましたか?

三浦:なんていうんですかね、日本のドラマや映画がすごく盛り上がってきて、新しいのが出てきたぞ!という、90年代ぐらいの時と同じような匂いを感じました。アニメがあって、基となる漫画があるということなので、実写としてどういう風に折り合いをつけていったら良いのかなということは考えました。何よりチャレンジしていて面白い作品だなと。

篠原:アニメが面白かったのもあるんですけど、(ドラマの)脚本もやっぱり面白くて。主題が実はいくつもあるっていうか、メインはサスペンスでお客さんに刺激を与えて観てもらうってことなんですけど、その中に親子の関係、情報化社会、お金について色々な要素が出てくる。先ほど三浦さんがおっしゃっていましたが、90年代の良い作品って、お客さんにはここを観てもらうんだけど、その中で考えるテーマがいくつかあるというか。本作もそういう脚本に仕上がっていて良いなと感じました。

広告の後にも続きます

――放送が始まって、反響は感じられていますか?ネット上での感想など。

篠原:実は今年ガラケーからスマホにしたんです。

三浦:今年から?でも俺も使いこなせてないから同じようなもんやけど、SNSってあまり見ないからなあ。

篠原:スマホにしたら今の世界ってこうなんだ!って。延々に時間を使ってしまって。

三浦:YouTubeも映画もドラマも全部観られるからなあ。風刺画とかでもあるやん。人間の手がもうスマホになっているとか。

篠原:良い側面と悪い側面ありですね。ガラケー時代の俺が知りえなかった情報で言うと、この「RoOT / ルート」は、今期のドラマ初回満足度ランキングで3位らしいです。全部のドラマの中で。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル