top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

旅情豊かな鉄道路線の原風景を記録「郷愁鉄路~台湾、こころの旅~」

キネマ旬報WEB

 

台湾南部の鉄道〈南廻線〉。パイナップル畑や海を臨みながら、SLやディーゼル列車がのんびりと走る旅情豊かな路線だったが、2020年に全線で電化されて様変わりした──。ドキュメンタリー監督のシャオ・ジュイジェンが4年を費やし、失われゆく沿線の原風景、鉄道員とその家族、南廻線を愛する人々を記録した「郷愁鉄路~台湾、こころの旅~」が、7月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。ポスタービジュアルと予告編が到着した。

 

 

ポスタービジュアルに配された写真は、全線電化により運行中止となった《藍皮(ランピー)》こと普通列車。海を横に見ながら、旅する人々を運ぶ。

広告の後にも続きます

映画は劇場公開に先駆け、5月24日に始まる〈新宿東口映画祭 2024〉でも上映。新宿武蔵野館での6月1日14:50の回の上映後には、監督を迎えたトークショーが行われる。こちらも期待したい。

 

 

「郷愁鉄路~台湾、こころの旅~」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル