top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【対談】釜萢直起(GREENROOM CO.)× 津田昌太朗(Festival Life)|<GREENROOM FESTIVAL>が体現するサーフカルチャーの精神と都市型フェスの未来

Qetic

5月25日(土)と26日(日)に横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催される日本最大級のサーフカルチャーフェスティバル<GREENROOM FESTIVALʻ24>。19回目の開催となる今年は、JUNGLEやTONES AND Iといった海外アクトから、KREVAやPUNPEE、Awich、RIP SLYME、羊文学など国内の豪華アーティストが出演。チケットは全券種ソールドアウト、アート作品やショップが並ぶ無料エリアも充実の内容となっており、まさに日本を代表する都市型フェスだ。

「Save The Beach, Save The Ocean」をコンセプトに、様々な歴史を潜り抜けてきた<GREENROOM FESTIVAL>。今回はそのオーガナイザーであり、<Local Green Festival>などのフェスティバル運営も手掛けるGREENROOM CO.(株式会社グリーンルーム)の代表取締役である釜萢(かまやち)直起に対談インタビューを敢行。お相手は小学館クリエイティブより著書『フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~』を刊行したばかりのFestival Life編集長津田昌太朗。古くから<GREENROOM FESTIVAL>を知る津田と共に、その歴史を辿りながら、確固たるブランドを築いた背景、そして来年に控える20周年への構想などを訊いた。

釜萢直起(GREENROOM CO.) × 津田昌太朗(Festival Life)

写真左:釜萢直起/写真右:津田昌太朗

音楽とアートを通して海のカルチャーを伝える

──まず、改めて<GREENROOM FESTIVAL>がどういうフェスなのか、お伺いできますでしょうか。

釜萢直起(以下、釜萢) <GREENROOM FESTIVAL>は「Save The Beach Save The Ocean」をコンセプトにしていて、サーフカルチャーやビーチカルチャーをテーマにした音楽とアートのカルチャーフェスティバルです。MUSICの部分にはライブがあり、ARTは今年でいうと24名のアーティストがアートギャラリーエリアで展示しています。外にはツリーハウスや流木で作ったトーテムポールなど、フィールドアートがある。そして、サーフマーケットにはいろんなサーフブランドやセレクトショップが立ち並んでいて、マーケットも充実しているフェスティバルですね。何か一つにこだわっているというより、音楽とアートという全体を通して海のカルチャーを伝えていくことを大切にしています。

──世界中のフェスに足を運んでいる津田さんにお伺いしたいのですが、<GREENROOM FESTIVAL>にはどういった特徴があると思いますか?

広告の後にも続きます

津田昌太朗(以下、津田) 海をテーマにしていて、「Save The Beach Save The Ocean」といったコンセプトを打ち出している音楽フェスって世界的にもあまり見かけません。また、日本にもコンセプトやテーマがあるフェスはあるけど、全面的にそれを打ち出してるフェスは実はそこまで多くない。音楽フェスなんだけど、音楽以外のコンセプトをしっかりと打ち出しながらこの規模で行われているフェス、ということ自体がすごく突出してるんです。そのコンセプトをベースに、<Greenroom Beach>や<Local Green Festival>などを展開しているのもユニークな点です。釜萢さんは音楽フェスではなく、「アートとカルチャーのフェスなんだ」ってよく言いますよね。

釜萢 カルチャーフェスを作る方向性はずっと変わらずですね。

津田 軸がありつつ、ラインナップは旬のアクトや常連がいて、お客さんも毎回入れ替わっているような気がするし、他のどのフェスにも似ていない雰囲気がある。定着しすぎて見落としがちだけど、なぜ<GREENROOM FESTIVAL>だけはこれが成立するんだろうというようなことがフェスの細部にたくさん散りばめられている。もちろん運営面などで国内のフェスカルチャーがベースにあるとは理解しつつも、日本のフェスの影響をそこまで感じないというか。

それと<GREENROOM FESTIVAL>は海外のアクトも多く出演しますよね。今回、釜萢さんに一番聞きたかったのは、海外のアーティストの流れです。今年は世界的に「ヘッドライナー不足」「アーティストのフェス離れ」ということが語られていたりすることもします。個人的にはその論調にはまだ懐疑的なのですが、日本目線に立つと、円安や物流などの影響で、海外のアーティストを呼ぶのは以前より厳しくなっているように感じます。

釜萢 円安の影響はありますよね。それと、コロナ禍でコール&レスポンスができないような状況になってから、お客さんとどう楽しむかを考えたときに、ダンスミュージックの存在がすごく大きくなってきたと感じています。それで今年はJUNGLEやSG Lewisなどが出演したりと、コロナ禍の影響があってもみんなで楽しめる方向に向かっていきました。Fred Again..がフェスのヘッドライナーを務めていたり、世界的にもダンスミュージックの存在は大きくなっているし、各フェスのオーガナイザーも同じようなことを感じていたのではないかなと思います。

津田 その中で、JUNGLEとTONES AND Iはずっと狙っていた感じですか?

  • 1
  • 2