top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

孤独を知らないと作品は作れない──大貫妙子が語るアンサンブルの構築論、そして坂本龍一との日々

Qetic

大貫妙子が毎年恒例で開催している冬のコンサートより、2023年11月の東京公演の模様を完全収録したライブ映像/音源作品『Taeko Onuki Concert 2023』が5月22日(水)にリリースされた。

サポートを務めるのは、前年に引き続き小倉博和(Gt)、鈴木正人(Ba)、沼澤尚(Dr)、林立夫(Dr)、フェビアン・レザ・パネ(Pf)、森俊之(Key)に、大貫の近年の楽曲でアレンジを担当している網守将平(Key)が加わった、「パーマネントメンバー」ともいうべき布陣。昨今、再評価が進むシティポップの代表曲“都会”をはじめ、“色彩都市”や“新しいシャツ”、“Happy-go-Lucky”など各年代の人気曲・代表曲を、当時のマルチテープから抜き出したトラックを織り交ぜながら「現在進行形のバンドサウンド」にアップデートした本作は、コアなファンからビギナーまで楽しめる内容となっている。

今回Qeticは、そんな大貫への単独インタビューを敢行。作品の見どころはもちろん、楽曲制作の背景や坂本龍一との思い出、「孤独」と向き合うことの大切さなど、さまざまなトピックについてたっぷりと語ってもらった。

INTERVIEW 大貫妙子

凸凹から組み上げた盤石のアンサンブル

──『Taeko Onuki Concert 2023』は、大貫さんの歌や楽曲はもちろんのこと、サポートを務めるバンドメンバーの演奏がとにかく素晴らしくて。

大貫妙子(以下、大貫):まずツインドラムというのが珍しいですよね。いろんな時代の曲をやるので、一人だと手が足りない時があるんですよ。もちろん、二人ドラマーがいるからといって二人で叩きまくるわけでもなく。(林)立夫さんはブラシが得意だから、沼澤くんのドラムにそれを混ぜてみるなど、曲ごとに考えてくれていますね。

広告の後にも続きます

鈴木正人さんも、ウッドベースとエレキベースの両方を弾けますし、(小倉)博和さんは「山弦」とのライブでもお馴染み。パネさん(フェビアン・レザ・パネ)ともすごく長いし、森俊之さんもずっとレコーディングメンバーです。

──最年少の網守さんは、どんな経緯でメンバーに加入したのですか?

大貫:ある日、自分のパソコンを立ち上げて、「最近の人ってどんな音楽をやってんのかな?」と思って色々聴いていたんですよ。普段はあんまりそういうことをしないんですけど。そうしたら、たまたま網守くんの“偶然の惑星”(2018年『パタミュージック』収録)という曲が流れてきて。それが私好みの曲調だったんです。「えー、誰だろうこの人?」と思ったら、私のマネージャーが<Yellow Magic Children(YMO結成40周年記念イベント)>でちょうど彼と仕事をしていて。「一度、会って話しましょう」となったのが最初の出会いですね。

彼は坂本(龍一)さんの後輩でもあるわけじゃないですか(注:網守は東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了)。網守くんの曲を聞いたときに、ものすごく自分と「近い」感じがしたんですよね、世界観が。そうしたら、やっぱり近いところにいたという。それで早速メンバーに加わってもらいました。

──結果、非常に幅広い年齢層のバンドになりましたね。

大貫:年齢のこととか考えたことはないんですけどね。そのミュージシャンが出す音やセンスはもちろん、いちばん大事なのは人間性です。そういえば先日、ジェイムス・テイラーを観に行ったんですけど、もう感動して。私は1970年代から音楽を始め、ああいうサウンドを聴いてきたわけだから、やっぱり話が合うのは私と同世代か少し上の人たちになってくる場合が多いんですよ。

  • 1
  • 2