top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パブに集う客たちから働く女性へ ハラスメントのオンパレード 「ロイヤルホテル」予告

映画スクエア

 2024年7月26日より劇場公開される、「アシスタント」でもコンビを組んだ、キティ・グリーン監督、ジュリア・ガーナー主演作「ロイヤルホテル」の、予告編が公開された。

 予告編では、主人公のハンナ(ジュリア・ガーナー)とリブ(ジェシカ・ヘンウィック)が、ワーキング・ホリデーで稼ぐためにたどり着いたパブ「ロイヤルホテル」で、客たちからハラスメントを受けて、次第に追い詰められていく様子が描かれている。差別用語を放つパブの店主ビリー(ヒューゴ・ウィーウィング)、「前かがみで酒を出しな」とからかう中年女性客、「しつこい」と注意した途端にイスを蹴り上げて脅す男性客など、ハラスメントのオンパレードが繰り広げられる予告編となっている。

 「ロイヤルホテル」は、オーストラリアの荒野にたたずむさびれたパブ「ロイヤルホテル」を舞台に、ワーキング・ホリデーに来た女性2人に襲い掛かる悪夢を描いたスリラー。親友であるハンナとリブの2人。旅行で訪れたオーストラリアでお金に困り、荒れ果てた田舎にある古いパブ「ロイヤルホテル」に滞在し、バーテンダーとしてワーキング・ホリデーをすることになる。彼女たちを待ち受けていたのは、飲んだくれの店長や荒々しい客たちが起こすパワハラやセクハラ、女性差別の連続だった。リブは次第に店に溶け込んでいくが、ハンナは精神的に追い込まれ、2人の友情は徐々に崩壊していく。

 2016年にはドキュメンタリー映画化もされた、オーストラリアに実在するパブがモデルとなっている。ドキュメンタリーは、ノルウェーの女性バックパッカー2人が、住み込みで働く中でハラスメントを受ける様子を詳細に記録。本作を手掛けた監督のキティ・グリーンが審査員を務めた映画祭でこのドキュメンタリー映画を目にし、そこからインスピレーションを受けて作り上げた。

【作品情報】
ロイヤルホテル
2024年7月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
配給:アンプラグド
© 2022 Hanna and Liv Holdings Pty. Ltd., Screen Australia, and Create NSW

 
   

ランキング(映画)

ジャンル