top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ひどすぎる! 夫の死亡保険金〈1億円〉が「愛人」とその子どもに…書き換えられた「遺言」に絶句する妻に、弁護士が提示した対応策は?

幻冬舎ゴールドオンライン

夫は生前、ほぼ全財産をはたいて相談者を受取人とする養老保険に入っていました。しかし数年前に別の女性と生活したいと言い出して家を出て行ってしまいます。遺言書には、死亡保険金の受取人を、その女性とその間にできた子供に変更する旨が書かれていました。本稿では、弁護士・相川泰男氏らによる著書『相続トラブルにみる 遺産分割後にもめないポイント-予防・回避・対応の実務-』(新日本法規出版株式会社)より一部を抜粋し、「死亡保険金の受取人が遺言で変更された場合の対応」について解説します。

死亡保険金の受取人が遺言で変更された場合の対応

夫が亡くなりました。夫は、生前、ほぼ全財産をはたいて私を受取人とする死亡保険金1億円の養老保険に入っていました。しかし、数年前、夫は別の女性と生活をしたいと言い出し、家を出ていってしまったので、私とは別居生活でした。夫は、保険金受取人を私からその女性との間にできた子どもに変更する旨の遺言書を作成していました。

紛争の予防・回避と解決の道筋

◆死亡保険金の受取人は約款に特別の定めがない限り、遺言により変更することができる

◆死亡保険金の受取人の変更は遺贈または贈与に当たらず、遺留分侵害額請求の対象とならない

広告の後にも続きます

◆死亡保険金は、原則として特別受益とはならないが、不公平が著しいと評価すべき特段の事情が存する場合には、特別受益に準じて持戻しの対象となる

◆特別受益が他の相続人の遺留分を侵害している場合には、遺留分侵害額請求の対象となり得る

チェックポイント

1. 受取人の変更に関する保険契約の約款を確認する

2. 保険契約者の変更を検討する

3. 死亡保険金が特別受益となる「特段の事情」を確認する

  • 1
  • 2