top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

平安時代のインスタ!?清少納言の『枕草子』は共感する毒舌と炎上しそうな悪口が面白い(後編)【光る君へ】

Japaaan

NHKの大河ドラマ「光る君へ」で主人公のライバルとして注目されている才女・清少納言

前編では、「平安のSNS」「平安のインスタ」などとも称される清少納言の代表作『枕草子』から、キラキラ宮廷女子的な美しい文章から、裏アカ的毒舌な文章をご紹介しました。

平安時代のインスタ!?清少納言の『枕草子』は共感する毒舌と炎上しそうな悪口が面白い(前編)【光る君へ】

広告の後にも続きます

後編では、さらに清少納言にとって「取り柄のないもの」「見苦しいもの」「イライラするもの」など、辛辣な毒舌(でも、共感してしまう)をご紹介しましょう。

「取り柄のないもの」「見苦しいもの」

前編でご紹介した「ありがたきもの」(めったにないもの)という中で「めったにないもの。舅に褒められる婿と、姑によく思われる嫁」と、「まあ、めったにないわよねww」的な辛口文章よりもさらに痛烈な悪口もあります。

「取り柄のないもの」「見苦しいもの」

第百三十四段「取りどころなきもの」(取り柄もないもの)という文では、

(原文)
取りどころなきもの。容貌憎さげに、心悪しき人。

(意訳)
「取り柄もないもの。憎らしい容貌をしていて、心や性格の悪い人」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル