top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

音楽ライブやスポーツの「生中継」「生放送」をうたう不審な投稿に要注意

おたくま経済新聞

 昨今、音楽アーティストのライブやスポーツイベントの配信に、ペイパービュー(PPV)が用いられることも多くなりましたが、「生中継」「生放送」といった誘い文句で、あたかもこれらを視聴できるかのようなリンクを貼り付けている投稿がXに存在します。

 もちろん、このリンク先から視聴することは不可能。それだけでなく、場合によっては入力したクレジットカードの情報を盗まれてしまうことも。今回はこのフィッシング詐欺の手口をご紹介します。

【元の記事はこちら】

■ アーティストの写真の無断使用、実在企業の協賛を騙る……悪質すぎる手口

 こうした不審なリンクを貼り付けているのは、主に「○○LIVE」「○○MUSIC」といった、一見すると映像配信を行っているように見えるアカウント。

広告の後にも続きます

 対象のアーティストや団体のハッシュタグを付けて、検索にかかりやすくしていたり、アーティストの写真を勝手に使用しているだけでなく、「マクセルが協賛」など、実在企業の名を無断で使用し、信用を得ようとするケースも存在しています。

 こうした投稿が存在していることは、マクセル側も把握済。マクセル公式Xでは「協賛していませんのでご注意を」と注意を呼びかけています。

 また、そのライブの日にちが過ぎると、次の日はまた別のアーティスト、別のライブで偽のリンクを貼り付けて投稿。内容を日ごとに変更していることもわかりました。

 今回の調査では幅広い年齢層にファンを持つ海外の超有名バンドから、若者中心に支持を得る国内の新進気鋭の人気バンドに。ターゲットを絞らない点も、嘘に引っかかりやすくなる要因と言えるかもしれません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル