top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

糖尿病対策として「砂糖の代わりに人工甘味料を使う」…これ本当に意味あるの?【内科専門医が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

一般に砂糖は健康によくないと言われ、甘みをキープするために人工甘味料で代替している商品も少なくありません。しかし、本当に人工甘味料を使えば糖尿病発症などのリスクを減らせるのでしょうか? 本記事では米国老年医学の専門医である山田悠史氏による著書『健康の大疑問』(マガジンハウス)から一部抜粋して、砂糖や人工甘味料に関する調査結果について解説します。

人工甘味料が糖尿病発症リスクを減らす?

著者は、実は何を隠そう「スイーツ男子」です。しかし、昔から「甘い物はダメ」と言われ続けてきたからか、スイーツに対して少なからずの罪悪感を持つこともないわけではありません。そんな時、かわりに手が伸びてしまうのが、人工甘味料や果物です。

しかし、砂糖は本当にダメなのでしょうか? 砂糖がダメなら、人工甘味料や果物にすれば良いのでしょうか? そんな疑問に答えようとしている論文があるので紹介します。

この論文は、イギリスのBMJと呼ばれる医学雑誌に掲載された、「メタ分析」と呼ばれる手法を用いた論文です※1。

私自身もこのメタ分析という手法を用いて研究をすることがあります。この手法で研究を行う場合、基本的に解析対象となるデータは新たに集めるのではなく、これまでの研究ですでに報告されているデータを用いることになります。このため、比較的大きなデータを扱うことができるというメリットがあります。

広告の後にも続きます

結果として、ここで紹介する研究では、約1000万「人年」ものデータを扱っています。ここで、「人年」という単位は、「人数」×「年数」を表す単位です。例えば、100万人のデータが10年分あれば、1000万人年ということになります。

この膨大なデータから、砂糖含有飲料、人工甘味料含有飲料、フルーツジュースそれぞれの消費量と2型糖尿病の発症との関連性について評価をしています。

1日平均で250ml飲む習慣と糖尿病リスクとの関連

この研究では、1日あたり平均的に250ml飲む習慣がどのぐらいの糖尿病リスクと関連するのかを推定しています。250mlというのは、500mlのペットボトルの半分なので、それぞれソーダのペットボトルを1日半分ほど飲む習慣、「ソーダだと体に悪い」といってゼロソーダのペットボトルを1日半分飲む習慣、「いや、ゼロソーダすら体に悪そうだから果物にしている」といって100%フルーツジュースを飲む習慣と置き換えられるかもしれません。

すると、1日あたり250mlのソーダを飲むグループ(実際には、砂糖含有飲料)で18%、ゼロソーダで25%、フルーツジュースで5%の糖尿病発症増加との関連を認めていました。また、肥満の影響を調整してみると、それぞれ13%、8%、7%という数値が認められました。

これらの数字は、実際には「幅」のある数字で、その「幅」には重なりがあるので、これらの数字を単純比較してソーダの方が良い、フルーツが良いと論じることはできないのですが、「どの飲料を選んだとしても、習慣的に飲んでいる場合、2型糖尿病の発症リスクに可能性」が導かれます。

ただし、ゼロソーダやフルーツジュースのデータでは、「出版バイアス」と呼ばれるバイアスが疑われている点に注意が必要です。「出版バイアス」というのは、研究を行って否定的な結果が出た場合に、肯定的な結果が出た研究と比べると出版されにくいということに起因するバイアスです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル