top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

パリ五輪代表の早田ひならを育てた北九州の〝卓球の虎の穴〟に潜入!

週プレNEWS


2020年の全日本選手権シングルス初優勝時。右から男先生、女先生、早田、三男の大輔氏

福岡県北九州市にある卓球クラブ「石田卓球N+」はパリ五輪・卓球女子日本代表のエース早田ひな(23歳、日本生命)のほか、Tリーグで活躍する田添健汰(29歳、木下マイスター東京)、響(27歳、岡山リベッツ)兄弟ら多くの有力選手を輩出してきた。

かつて2008年北京、12年ロンドンと2度の五輪に出場し、世界選手権では水谷隼や福原愛とダブルスを組み、7つのメダルを獲得するなど活躍した岸川聖也(36歳、現Tリーグ・T.T彩たま監督)も同クラブの出身。いわば日本卓球界にとっての〝虎の穴〟のような場所である。

クラブの代表は、福岡大学時代にインカレ出場経験があり、早田や田添兄弟の母校である希望が丘高校卓球部総監督も務める石田眞行さん(71歳、通称「男先生」)。妻で元実業団選手だった千栄子さん(71歳、通称「女先生」)と協力し、1988年から地元に根差した卓球場を営み、選手を育ててきた。

国道3号線に程近い住宅街、産婦人科の跡地に建てられたという2階建てのクラブを訪れると、ピンポン球が跳ねる小気味いい音が聞こえてきた。

広告の後にも続きます

中に入れば、クラブのモットーである「練習は不可能を可能にする」と書かれた横断幕が目に入り、計7台ある卓球台では、小学生の選手たちが点数を競い合う実戦形式の練習に励んでいた。

女先生こと千栄子さんは、まず36年前にクラブを立ち上げた理由を教えてくれた。

「福岡大学の同級生だった私たち夫婦がなぜこのクラブをつくったかといえば、ちょうど長男が中学に入るタイミングで、自分たちが果たせなかった全日本優勝という夢を子供たちに託すためでした。 

89年には2期生として入ってきた生徒が、全日本選手権バンビの部(小学2年生以下)男子シングルスで優勝したんです。そんな経験もあって、ウチからも本当に全日本チャンピオンを出せるかもしれないと思い、夫の男先生は当初、地元の百貨店に勤務しながらの二刀流でしたが、仕事を卓球一本にして現在に至ります」

3人いる息子が全日本優勝を果たすことはなかった。それでも、教え子の中から全日本優勝者が出て、3人の息子は今も卓球に携わっていることを思えば、ふたりの英断は間違いではなかったのだろう。

女先生の担当は小学2年生まで。3年生以降は男先生や息子たち、経験あるコーチに引き継ぐ。ちなみに、早田は地元の中間東中学、希望が丘高校に進学後も石田卓球N+での指導の下、練習を続け、世界で戦えるようになった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル