top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

リニア着工に待った? 過去最多の候補が乱立で次のかじ取りは誰に? 「静岡リニア知事選」の行方

週プレNEWS


静岡県知事選の候補者たちは、どんな姿勢を打ち出しているのか?

川勝前知事の突然の辞職によって行なわれることとなった静岡県知事選(5月26日投開票)は、過去最多となる6人もの候補者が乱立する事態に!

注目の論点は「リニア」。そもそも静岡におけるリニアの問題点とは何か? 政治においてリニアはどういった存在なのか? 川勝前知事の功績とは? そして、候補者たちはどんな姿勢を打ち出しているのか? 徹底取材で明らかにする!

* * *

■すべての始まりは「南アルプストンネル」

静岡県の川勝平太知事が4月3日に突如辞意を表明。4月1日の県入庁式での知事の訓示で「野菜を売ったり牛の世話をしたりと違い、皆さま方は知性の高い人たちです」と「職業差別」ともとれる発言があったことが原因だ。

広告の後にも続きます

辞意の表明にネットは沸き立った。「失言は許せない」との批判に加え、目立ったのが、「やっとリニアの邪魔者が消えた」といったリニア中央新幹線の建設を期待する声だった。

この数年間、川勝前知事はメディアやネットでは、リニア工事を認めない「悪者」扱いだった。だが、同氏はもとより「リニア推進者」を自認していた。ただ、JR東海に水源や生態系の保全の確約を求めていただけなのだ。


JR東海の報告書には、静岡工区におけるトンネル工事で県内8市2町が水源とする大井川の水が毎秒2t減ると示されている。これは、62万人分に割り当てられた水量に相当する

事の始まりは2013年9月。JR東海はリニアが通る1都6県(東京、神奈川、山梨、静岡、長野、岐阜、愛知)で実施した環境アセスメント(土地開発などによる環境への影響の調査)の報告書である「環境影響評価準備書」(以下、準備書)を公表。静岡県の準備書では、南アルプスでのトンネル工事で大量の水が流出し、県の水源である大井川の水が毎秒2t減ると示されていた。

大井川を水源とする8市2町は驚き、川勝知事(当時)は「失われる水を全量戻すこと。それを協議する場にJR東海も参加すること」とした知事意見を提出。その結果、14年4月、県、有識者、そしてJR東海が話し合う「中央新幹線環境保全連絡会議」(以下、連絡会議)が発足した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル