top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

雅子さま 昭和天皇、上皇さまも臨まれた“晩餐会スピーチ”の試練…天皇陛下と編む「平和へのメッセージ」

女性自身

雅子さま 昭和天皇、上皇さまも臨まれた“晩餐会スピーチ”の試練…天皇陛下と編む「平和へのメッセージ」(C)女性自身

「天皇陛下と雅子さまは、能登半島地震の被災地へ3度目となる訪問を検討されているそうですが、7月以降になるようです。現状では、全国植樹祭などの行事に臨まれながら、英国ご訪問に向けた準備に全力を注がれています」

 

こう語るのは宮内庁関係者だ。6月22日から6月29日までの日程で、天皇陛下と雅子さまはイギリスを国賓として訪問される。日々のおつとめに加え、ご準備で多忙な日々を過ごされているのだ。

 

陛下が即位された2019年、エリザベス女王から招待を受けていたが、コロナ禍のために延期に。両陛下を歓迎することがかなわないまま、女王はこの世を去った。王位を継いだチャールズ国王はこの招待を引き継ぎ、ようやく実現する運びとなったが……。

広告の後にも続きます

 

「今年2月にチャールズ国王が、3月にキャサリン皇太子妃ががんを患っていることが相次いで公表され、一時は実現への不安感が宮内庁内に漂ったのです。

 

しかし4月下旬、日本と英国の双方で正式に、両陛下の公式訪問が発表されました。闘病中の身を押して歓迎する意向を示したチャールズ国王に、両陛下も“日英関係をいっそう深められる訪問に”とご覚悟を固められています」(皇室担当記者)

 

外交関係が樹立して以来166年続く皇室と英王室の親密な交流は、日英関係に大きな貢献を果たしてきた。前出の皇室担当記者は、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル