top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

荒んだ毎日を送る18歳の少年と、裏社会に生きる孤独な男 傷だらけのふたりが響き合う 映画『このろくでもない世界で』

otocoto

第76回カンヌ国際映画祭、第28回釜山国際映画祭に公式出品され、百想芸術大賞で4部門にノミネート、キム・ヒョンソが新人演技賞に輝いた話題の韓国映画『このろくでもない世界で』の予告映像とポスタービジュアルが公開された。

監督・脚本を務めるのは、本作が初長編作品となるキム・チャンフン。実話ではないものの、監督自身が社会で苦労した経験をエッセンスとして盛り込み、身体的痛みと心の叫びが渾然一体となった脚本に惚れ込んだ名優・ソン・ジュンギがチゴン役を熱望したことから、この企画が本格的に動き出したという。ソン・ジュンギは「これは韓国映画界に絶対に必要なプロジェクトだと信じていたので、参加する機会を頂けて感謝している」とその理由を語る。

継父のDVに怯え、チゴンの属する犯罪組織の門戸を叩くヨンギュを演じるのは、3度のオーディションを経てこの役を勝ち取り、映画初主演を果たしたホン・サビン。そして、ヨンギュの義妹・ハヤン役は、同じく新人BIBI名義で韓国ではもちろんアメリカのラジオ市場を席巻、Mediabaseトップ40のポップラジオチャートで20位以内にチャートイン、さらには「コーチェラ」で2度ステージに上がるなど、めざましい活躍を見せているのキム・ヒョンソが演じる。

映画『このろくでもない世界で』は、2024年7月26日(金)より全国公開。

作品情報 映画『このろくでもない世界で』

継父のDVに怯える18歳のヨンギュは、義理の妹ハヤンを守るために暴力沙汰を起こして高校を停学、その上、示談金を求められる。生き抜く術のないヨンギュは、地元の犯罪組織のリーダー、チゴンの門戸を叩くほかなかった。仕事という名の盗みを働き、徐々に憧れのチゴンに認められていくが、ある日、組織の非情な掟に背いてしまう。

監督・脚本:キム・チャンフン

広告の後にも続きます

出演:ホン・サビン、ソン・ジュンギ、キム・ヒョンソ(BIBI)

配給:ハピネットファントム・スタジオ

©2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED. 

2024年7月26日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト happinet-phantom.com/hopeless  

 
   

ランキング(映画)

ジャンル