top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

河合優実、大ブレイクにも「自分自身満足することはない」 表現のルーツや今後の展望を語る

Real Sound

河合優実(撮影:はぎひさこ)

 『由宇子の天秤』『サマーフィルムにのって』『PLAN75』などの演技で数々の映画賞を受賞し、2024年1月期に放送された『不適切にもほどがある!』(TBS系)の小川純子役で一気に知名度を上げた河合優実。現在放送中の『RoOT / ルート』では地上波ドラマ初主演を務めている。そんな河合に、『不適切にもほどがある!』の反響や『RoOT / ルート』でW主演を務めた事務所の先輩でもある坂東龍汰について、さらには自身の表現のルーツや今後の展望などを語ってもらった。

参考:河合優実が『不適切にもほどがある!』でお茶の間に“見つかる”! 昭和の女子高生役の衝撃

ーー『RoOT / ルート』は昨年のうちに全て撮り終えられているそうですね。撮影を振り返っていかがですか?

河合優実(以下、河合):すごく楽しかったです。監督の人柄だったり、現場の雰囲気がよくて、みんなで楽しみながら『オッドタクシー』や『RoOT / ルート』の都会的な世界観を現場に持ち込んでいる感じがしました。

ーー河合さんにとっては地上波ドラマ初主演作でもあります。

広告の後にも続きます

河合:W主演でもあったので、主演だからといって意気込みすぎて空回りすることはしたくなかったので、できることを等身大でやろうと思っていました。なので、そこまでプレッシャーには感じていませんでした。

ーーW主演の坂東龍汰さんの存在は大きかったですか?

河合:大きかったですね。撮影のときももちろん思いましたが、完成した作品を観てさらにそう思いました。同じ事務所ということもあり、撮影前は関係が近すぎて、「この2人でバディをやっていいのかな?」という感覚もあったんです。でも、はじめましての人とは全然違う形になったと思うし、信頼している部分があったからこそ、お互い躊躇し合わないで、より面白い方向へ手探りでやっていけた感じがすごくあったと思います。

ーー坂東さんとは普段から交流はあるんですか?

河合:この作品でご一緒するまでは最近全然会っていなくて。坂東くんは、自分が入った1年前くらいに事務所に入っていて、一番近い先輩後輩という間柄ではあるので、事務所に入ったばかりの頃はすごくお世話になっていました。坂東くんは人間として本当に面白い方ですね。そういう部分での信頼感がありました。

ーー俳優としての坂東さんはどうですか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル