top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

映画『卍 リバース』鈴木志遠インタビュー 「人との出会いは、良くも悪くも人生を左右してしまうもの」 谷崎潤一郎の小説を現代風に大胆アレンジ

ガジェット通信

明治、大正、昭和という近代日本を代表する文豪・谷崎潤一郎による傑作「卍」を、物語の舞台を現代に置き換えて実写化した、映画『卍 リバース』が公開となります。

タイトルにあるように原作の登場人物たちの性別を逆にするなど、大胆なアレンジを加えつつ、同性愛や不倫に溺れる男女の破滅的な情愛を赤裸々に綴った谷崎文学の世界をスクリーンに映し出します。

その本作で妻がありながら宇佐美光(門間航)に惹かれていく園田孝太郎役を演じた鈴木志遠さんにお話をうかがいました。

■公式サイト:https://manji-re.com/ [リンク]

この投稿をInstagramで見る 鈴木 志遠 SHION SUZUKI(@shion10531)がシェアした投稿

広告の後にも続きます

●本作の公式サイトのコメントで「平穏だった生活が1つのきっかけで変わっていき、本当の幸せとは何かを考えていただけたら」と言われていましたが、本当にそういう映画でした。

いろいろと考えさせられる映画だなと改めて思いました。人の出会いって、良くも悪くも自分の人生を左右してしまうものですよね。男女が混じり合う恋愛も現代ではどこまで起こり得るのかは分からないですが、普通に生きていてもなくはないことでもあり、そういう感想を抱きました。

●谷崎潤一郎さんの代表作「卍」が原作ですが、大胆なアレンジも見ものですよね。

もともとは有名な小説ですが、この映画では男女の立場を逆転させて描いています。そのおかげで今っぽいところもあると言うか、男性が家のことをして奥さんが外で働いているけれど、それは普通のことになってきているので、そういう意味でも観やすい作品になったかなと思います。

●出演が決まった時、どのようなことを思いましたか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル