top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

軽い気持ちでフードコートのインド料理屋の「インドのクレープ」を頼んだら、完全に目算を誤った……

ロケットニュース24

「目測を誤る」、歳を重ねるごとに自分の力量を過信して、想定外の事態に見舞われることが多くなった初老の佐藤です。

ここのところ、予定通りに事が運ばず、思わぬ負担を自らに課してしまうことが多々ある。

最近もフードコートで本格的な南インド・パキスタン料理を食べられるお店が、東京・豊田の「イオンモール多摩平の森」にあるとの噂を聞き付け、実際にお店に足を運んだ。

そこで、インドのクレープといわれる「ドーサ」を頼んでみたところ、完全に目測を誤って食いすぎる事態となってしまったのだ。クレープっていうから軽い気持ちで頼んだのに……。

・フードコートで本格派

このお店は、都内でインド・パキスタン料理店を展開する「パラソルグループ」の1店舗だ。新橋や東上野にも店舗があり、それらのグループ店は食べログの百名店(アジア・エスニックTOKYO)に毎年のように選出されている。つまりたしかな実力を持つお店である。

広告の後にも続きます

実力店の味をフードコートで味わえるなんて、にわかには信じがたいのだが……。

1階のフードコートのラインナップを見てみると……。ここは何でもあるなあ。丸亀・ケンタ・ロッテリア・ミスド・リンガーハットなど。フードコート外にもジョナサン・鎌倉パスタ・スタバがあって、何もかもここだけで完結してしまうじゃないか。

うちの近所にデカいイオンがなくてよかったよ。あったら、朝から晩まで入り浸ってしまいそうだ。

そういえば、こんなお店もありました。トリドールのとんかつ専門店「豚屋とん一」。いつか来たいと思っていたけど、今日の目的のお店はここじゃない。

今日はこちらです。「アナスドーサビリヤニ」、お店の名前にもある「ドーサ」を食べるためにここに来たのである。

ドーサとは、米と豆を発酵させた生地を薄く焼いた、いわばインドのクレープのようなものらしい。「インドのクレープ? 何それ、食べてみたい!」という純粋な衝動だけでここまでやってきた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル