top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

内野聖陽×岡田将生『アングリースクワッド』11月公開決定 監督は『カメ止め』上田慎一郎

Real Sound

『アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師』©2024アングリースクワッド製作委員会

 内野聖陽が主演を務め、岡田将生を共演に迎えた上田慎一郎監督最新作『アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師』が、11月に新宿ピカデリーほかにて全国公開されることが決定した。

参考:柄本時生と今井隆文がドラマ初プロデュース キャストに賀来賢人、落合モトキ、岡田将生ら

 上田監督が『カメラを止めるな!』公開前から動いていたプロジェクトである本作は、ソ・イングク、スヨン、マ・ドンソクが共演した韓国ドラマ『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』を原作に、上田監督がオリジナリティを加えたクライムエンターテインメント。

 主演を務めるのは、『きのう何食べた?』(テレビ東京)シリーズなどで知られる内野。税務署に務める真面目で気弱な中間管理職の公務員でありながら、脱税をひた隠す大企業から、未納の10億円を徴収することになった男・熊沢二郎を演じる。そんな熊沢とタッグを組む天才詐欺師・氷室マコトを演じるのは、8月公開の映画『ラストマイル』にも出演している岡田。氷室は、頭脳明晰で素早い判断力に、大胆な話術と行動力を持ち合わせる天才詐欺師で、熊沢とともに壮大な詐欺を企てていく。

 税務署に務める真面目な公務員・熊沢(内野聖陽)は、ある日、天才詐欺師・氷室(岡田将生)が企てた巧妙な詐欺に引っかかり、大金をだまし取られてしまう。親友の刑事の助けで氷室を突きとめた熊沢だったが、観念した氷室から「おじさんが追ってる権力者を詐欺にかけ、脱税した10億円を徴収してあげる。だから見逃して」と持ちかけられる。犯罪の片棒は担げないと葛藤する熊沢だったが、自らが抱える“ある復讐”のためにも氷室と手を組むことを決意。2人はクセ者ぞろいのアウトロー達を集め、詐欺師集団「アングリースクワッド」を結成。壮大な税金徴収ミッションに挑む。

広告の後にも続きます

 あわせて公開された場面写真には、正反対の立場と性格でありながらタッグを組むことになった熊沢と氷室の姿が写し出されている。

 本作について内野は、「元気な娯楽映画が出来上がったのではないかと思っております。お客様の皆さんが、どう見てくださるのかとても楽しみです!」とコメント。岡田は内野との共演について「内野さんとのお芝居をとても楽しみにしていたので間近で役を構築していく様はとても勉強になりました」と撮影を振り返った。

コメント
内野聖陽(熊沢二郎役)
上田慎一郎さんから一緒に映画を造りたいと言われて、どれ程の時間をかけてここまで来たか。
韓国ドラマを下敷きに自分の作家性を詰め込んだ映画を撮りたいんだという情熱がすごかった。
「『ここまで大きな商業映画』は初めてです!」という言葉がかなり印象に残っています。
ショーギョーとかゲージツとかそんな区分けはどーでもいいからおもろい映画を作ろうということで走り出しました。
台本打ち合わせをやるたびにシナリオの精度を上げてくる気迫に感心したのを覚えています。
撮影は8月のうだるような暑さの中で始まりました。途中監督がコロナに罹患し、事務所からリモート演出というのも新鮮でした。
スタッフプロデューサー陣も初めてのことだらけで、現場の混乱も少なからずありましたが、
元気な娯楽映画が出来上がったのではないかと思っております。お客様の皆さんが、どう見てくださるのかとても楽しみです!

岡田将生(氷室マコト役)
公務員と詐欺師の組み合わせにまずはびっくりしたのを覚えています。
面白い組み合わせだなと。内野さんとのお芝居をとても楽しみにしていたので
間近で役を構築していく様はとても勉強になりました。
そして、お互いの利益の為に手を組みながらも徐々に距離が縮まっていく関係性に僕は惹かれたんだと思います。
掴みどころがなく、ふわふわと舞いながらも一点を見つめているこの役は面白かったです。
監督、キャスト、スタッフの皆さんと意見を出し合い作った作品です。是非観ていただけたら嬉しいです。

上田慎一郎(監督)
2018 年、まだ『カメラを止めるな!』の公開前でした。試写でカメ止めを観てくださった伊藤主税プロデューサーから「一緒に映画を創りませんか?」と声をかけて頂いたのが始まりです。それから6年。映画が完成するまで、本当に色んなことがありました。
度重なる脚本直しを経た頃にやってきたコロナ。世界の空気は一変し、脚本も大幅な修正を迫られました。主演の内野さんとは撮影前から何度も脚本打ちを重ねました。毎回、内野さんは付箋のぎっしり貼られた脚本を抱えてきました。
コロナ再拡大による1年の撮影延期を経て、迎えた 2023 年夏、ついにクランクイン。撮影は、内野さん、岡田さんを始め、映画界の猛者たちと共に本音で意見をぶつけあわせる日々でした。とてもハードで、そして、とても幸せな時間でした。
ついに皆さまにお届けできる日が近づいてきました。ドキドキしています。でもそれ以上にワクワクしています。胸を張ってお届けできる最高のエンターテイメント映画に仕上がったと思っています。今年 11 月の公開を楽しみにお待ちください!

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル