top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『不死身ラヴァーズ』青木柚演じる田中の場面写真公開 見上愛とアイスを食べる2ショットも

Real Sound

『不死身ラヴァーズ』©2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 ©高木ユーナ/講談社

 現在公開中の松居大悟監督最新作『不死身ラヴァーズ』より、青木柚演じる田中の新場面写真が公開された。

参考:『不死身ラヴァーズ』佐藤寛太“ではない”じゅんの場面写真公開 見上愛とのショットも

 本作は、高木ユーナの同名漫画を松居監督が構想10年をかけて実写映画化したラブストーリー。主人公・長谷部りのを本作が初の映画単独主演となる見上愛が演じ、りのの運命の相手役の甲野じゅん役を佐藤寛太が担当する。

 青木が演じた田中は、りの(見上愛)の幼少時代からの腐れ縁であり、良き相談相手。彼女の恋を静かに見守り、応援することもあれば、時には「お前は、恋に恋してただけだ」といったドキリとする発言をすることも。青木は田中について、「ミステリー要素があるので、それを僕が意味深な顔で見る時に、変に重くしてゲームマスターみたいにすべてを知っている人の感じになったらまずいなと思った」と役の難しさを語りつつ、「松居監督が上手く調整してくださいました」と繊細な演出を明かした。

 公開された場面写真は3点。りのと神社でアイスを食べながら、田中が「消えるってことは、いたってことだよな」「知らないのは、お前だけだよ」と言う物語の重要な鍵となる場面や、訳ありな様子で田中が病室を覗き込む姿が切り取られている。

広告の後にも続きます

 なお、原作の田中は“イケメン田中”として登場する。親友をあえて男女にしたことについて、松居は「原作(じゅんがりのを追いかける設定)と性別を入れ替えたことで、田中をどうするかとなったのですが、親友が女性だと気が置けない会話になって、、すぐに核心をついたことを言っちゃうと思ったんです。ですから、男のままにしました」と明かし、りのと田中の超越した関係を描くために「アロマンティックは裏設定」だったと述べている。また、「専門家の方に実際に脚本を読んでもらって違和感がないか確認してもらった」と制作の裏側を明かした。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル