top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

力士が親方を「よっこいしょ」“予想外”の大胆行動に館内どよめきと笑い 土俵下に転落直後の一コマにファンほっこり

ABEMA TIMES

<大相撲五月場所>◇九日目◇20日◇東京・両国国技館

 前頭二枚目・豪ノ山(武隈)が前頭三枚目・翔猿(追手風)を押し出しで下した一番で、土俵下に転落した翔猿が親方と接触するアクシデントがあった。直後、親方の手を引いた翔猿の珍しい行動に客席からどよめきと笑いが沸き起こった。

【映像】翔猿が親方を…館内どよめきと笑いの珍事

 立ち合い直後から激しい突き押しの応酬となった両者。翔猿が引いたところをすかさず豪ノ山が押し込むと、そのまま押し出しで豪ノ山が勝利した。敗れた翔猿は勢い余って土俵下へと落下し、審判長を務めていた元小結・琴稲妻の粂川親方と接触。覆いかぶさるような格好となったが、翔猿は粂川親方の手を掴んで持ち上げ、起き上がるのを助けた。珍しいアクシデントに観客は「おぉ」とどよめいた後、「ハハハハッ」と笑いも起きていた。豪ノ山は4勝目。敗れた翔猿は5敗目を喫した。

 激しい一番を受けて、ABEMAで解説を務めた元前頭・大碇の甲山親方は「翔猿も豪ノ山の出足に負けないようにしっかり当たって攻めていこうとしていましたが、豪ノ山のこの圧力ですね」とコメント。「(翔猿の)はたきやいなしに余裕を持って突いていっています。これが若さゆえですね。稽古もよくできていますし、豪ノ山の真骨頂の相撲」と称賛した。

広告の後にも続きます

 翔猿が粂川親方を持ち上げた一幕に、ABEMAの視聴者からは「抱きついたね」「親方を救助」「親方起こしてた」「親方引き上げw」と反応が続出。また力強い相撲で勝った豪ノ山に「ゴーゴーすごかった」「豪ノ山本当に強くなったな」と喜びの声も相次いだ。(ABEMA/大相撲チャンネル)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル