top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【気をつけろ】楽天銀行を装うフィッシング詐欺がシンプルだけど危険度高めな理由とは?

ロケットニュース24

日々進化を遂げているフィッシング詐欺。私(耕平)はこれまで数々の手口を取り上げてきたが、今回遭遇した『楽天銀行』を装う詐欺には驚愕した。

といっても複雑な手口ではない。むしろ極めてシンプルだ。ただ、シンプルゆえに、危険度は最大級レベルと言っても差し支えないだろう。しかも、2024年5月になってから以前より頻繁に偽メールが送られてくる……。

というわけで、その手口の一部始終を紹介していくぞ!

・入口の偽メール

ちなみにいつもは、「『東京水道局』を名乗るフィッシング詐欺」のときのようにPCの画面で解説しているが、今回は極めてシンプルということもあり、スマホの画面で解説していきたいと思う。

まずは入口の偽メールを見ていこう。

広告の後にも続きます

件名は「楽天銀行からのお知らせ[ATM入金を行いました]」で、内容は入金の通知とマイページにログインを促すもの。至ってシンプルだ。

その他にも「【楽天銀行】アカウントのセキュリティに関する重要なお知らせ」という偽メールも確認している。なお、送信元のメールアドレスはドメインが「.cn」という、中国のものが使われていた。

このメールにはいくつものURLが貼られているが、個人情報を抜き取るフィッシングサイトに誘導するのは1番上のリンクだけだ。その他はすべて本物の楽天銀行のサイトに飛ぶ仕組みになっている。

・超シンプルで危険なフィッシングサイト

それでは今回、個人的に危険度MAXレベルと警告するフィッシングサイトを見ていこう。先ほどのリンクをクリックすると、楽天銀行のログイン画面を模したページに飛ばされる。

ID・PASSを登録するフォームだが、ページだけ見ると本物と見分けがつかないくらいに巧妙な作りだ。ただ、URLをよく見ると明らかにおかしいのがわかる。

ここですべてのフォームに「1」のみを打ち込む、通称「1攻め」で潜入を試みる。ちなみに、この方法は「ANA」を装うフィッシング詐欺などでも試したものだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル