top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

横田基地の日米友好祭「Friendship Festival」でF-22を見てきた / 入場で他と差をつけるためのパーフェクトガイド

ロケットニュース24

2024年5月18日から19日まで、米軍横田基地にて開催された日米友好祭「Friendship Festival」。今年はビッグなゲストが来ると聞きつけ、行ってきたのだ。

今回は来年以降にも役立つであろう、入場で他と差をつけるための重要な情報をお伝えするぞ! 

・F-22

今回のビッグなゲストとは、F-22(戦闘機)。運用開始から20年くらい経つが、いまだに最強と言われている。横田基地公式Xによると、一般に公開されるのは12年ぶりだそう。

最新のF-35は自衛隊にも配備されているため割と見る機会があるものの、F-22はマジでレアだ。かつて展示された際には超厳重な警備体制で、見る角度も限られていた。

今回はだいぶレギュレーションも緩くなってそうだし、ワンチャン飛行展示とかしてくんねぇかな……という願望を抱いていたが、地上展示だけだった。

広告の後にも続きます

それでも十分見応えがあった。武装した警備兵無しに好きな角度からF-22を撮影可能(ロープで区切られているだけ)な展示は、国内初だったのではなかろうか?

・情報戦

ということで、戦闘機の写真はこれで終わり。本記事のメインは、入場で他と差をつけるためのテクニックだ。

まあ早朝から並ぶというのがベストだろうが、それは特にテクニックではないし、ガチ勢でもなければダルくてやってられないだろう。

適当な時間にフラっと行って、1分でも入場までの時間を短くする方法こそ、情報として価値がある。

まず重要なのは、入り口となる第五ゲートから似たような距離に、駅が多数あるということだ。当日はこれら全ての駅から、来場者が徒歩でやってくる。

行列は、その時々の警察の指示次第ではあるが……ほぼ例年3つ形成される。東福生駅方面に最後尾が来る列と、牛浜駅方面に最後尾が来る列、そして拝島駅方面に最後尾が来る列だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル