top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【WST上海・パーク2024】開心那が準優勝、四十住さくらが3位!OQS初戦を制したのはアリサ・トルー&テイト・カリュー

マガジンサミット

パリオリンピックの代表選考大会、ワールド・スケートボード・ツアー(WST)の第2フェーズとなる、オリンピック予選シリーズ(OQS)パーク2024上海大会の決勝が5月19日に中国・上海で開催され、東京オリンピック銀メダリストの開心那(15歳)が準優勝、東京オリンピック金メダリストの四十住さくら(22歳)が3位で表彰台に上がり、長谷川瑞穂(13歳)が5位に入賞した。
優勝は日本人の母を持つ、オーストラリアのアリサ・トルー(14歳)となった。

3月に行われたドバイ大会の女王、スペインのナイア・ラソ(15歳)は左腕のケガのため、予選のみの出場。
東京オリンピック銅メダリストで2022年度の世界女王、イギリスのスカイ・ブラウン(15歳)は今年4月上旬に膝内側側副靭帯断裂(MCL)のケガで今大会を欠場。
医師からは全治2か月と診断されており、復帰戦は6月のブタペスト大会になるとのこと。
本人のインスタグラムでは「怪我を乗り越え、より強くなってパリオリンピックで金メダルを取りに行く」といった投稿をしており、次の大会での活躍が期待される。

昨年の世界選手権で準優勝を飾った、日本の草木ひなのは悔しい準決勝敗退となった。
ラン2本目と3本目ではフルメイク(ノーミスで滑りきること)のランを見せるも、わずかに8位のオーストラリア、ルビー・トルーに0.2点届かず、惜しくも9位でフィニッシュ。
次のブタペスト大会での活躍に期待したい。

広告の後にも続きます

パーク男子の優勝はアメリカのテイト・カリュー(19歳)、準優勝は東京オリンピック金メダリスト、オーストラリアのキーガン・パーマー(21歳)、3位は東京オリンピック銅メダリスト(ストリート種目)で、今大会のストリート種目でも優勝しているアメリカのジャガー・イートン(23歳)となった。

日本勢で唯一OQSに進んだ永原悠路(18歳)は予選を13位で突破し、準決勝に進出したが、準決勝ではランを3本ともフルメイクすることができず15位で終わった。

【五輪出場争いもいよいよ佳境!OQS】

パリオリンピックスケートボードは1種目につき22名(各種目22名、その内ホスト国枠とユニバーサリティ枠が1枠ずつ確保されている)までの出場が予定されているが、1ヵ国最大3人までの出場となるため、オリンピックランキングで上位に入っていたとしても国内選手との上位争いも重要になってくる。

今大会はWSTフェーズ1で勝ち残った44人(各国6人まで)が進むフェーズ2となる大会(次回は6月にハンガリーのブタペストで開催が予定されている)。
今大会からオリンピックに出場するためのポイントもフェーズ1とは比べ物にならない。
フェーズ1は世界選手権優勝で8万ポイント、2位で6万4千ポイント、3位で5万4千400ポイント(以下100位まで続く)だったが、フェーズ2優勝では21万ポイント、2位で16万8千ポイント、3位で14万2800ポイント(以下44位まで続く)と1発逆転でのパリオリンピック出場のチャンスがある。

出典:WORLD SKATEホームページより
https://www.worldskate.org/skateboarding/about/regulations/category/554-olympic-qualifying-system.html

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル