top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ネットでみかける「口座売買」の恐ろしさ 詐欺潜入から見えてきた不審な口座の扱われ方

おたくま経済新聞

 SNS上でたまにみかける「口座売買」に関する勧誘。軽いお小遣い稼ぎのつもりで売ってしまう人が後をたたないようですが、口座売買は犯罪です。

 売る方も買う方も罪に問われ、警察でも度々注意をよびかけているほど危険な行為です。

【元の記事はこちら】

■ 口座情報は雑に扱われている

 おたくま経済新聞編集部では、ネット詐欺の調査記事をよく配信しています。どの記事も相手(詐欺師)に接触をして、やりとりを行うわけですが、その中で振込先口座を伝えられたことは1度や2度ではありません。

広告の後にも続きます

 相手は外国人の設定なのに、口座はゆうちょ銀行のとある支店で名義は個人、またあるときはなぜか企業名義の口座などと、とにかくいくつもの口座をみてきました。恐らく中には、口座売買を経て使われているものもあると考えています。

 詐欺師側はよほど簡単に使い捨てにしているのか、気軽に口座情報を教えてくれます。もし万一何かおきても真っ先に警察に目をつけられるのは、身元がハッキリしている口座名義人。すぐ自分たちに手がのびることはありません。

 つまり口座を売るということは、「犯罪者の片棒を担ぎ」「犯罪者の盾」として使われてしまうことと同義なのです。ただのお小遣い稼ぎのつもりだったのに……ではすまされません。

 ちなみに編集部で不審な口座を知ったときには、調査後にかならず関係各所に通報するようにしています。詐欺師が気軽に口座情報を伝えてくる以上、こうして通報から発覚するケースも多いのではないでしょうか。

■ 口座が開設できなくなる、逮捕されるリスク

 売った口座が犯罪に使われた場合は、該当口座以外も凍結される可能性や、将来にわたって口座が開設できなくなるという大きなリスクももっています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル